信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

角柱花入(金継ぎ)


登り窯の窯詰めが始まっております。
8月24日に火入れの予定で、現在は窯詰めの様子をご見学して頂けますよ107.png

で、今日は前回の登り窯で焼いた花入れの写真を114.png


f0014970_11455562.jpg
紐造りで作った角柱花入れ。
とても多彩な色彩に焼き上がっておりますが無釉です。
焼いた時の灰と炎の作用でこんなにも深い景色に焼き上がる場合がございます。
これは火袋の焚口脇で焼いたモノで、ここはおもしろい焼き味がとれますが
急激な火当たりや薪が当たったりして割れて焼けてくる事も多いのです119.png
この角柱花入れもチラホラが見えますが、これがキズになったところを治した箇所です。



f0014970_14422261.jpg
これが詰めた時の状態です。
このスペースは焚いてる際にはほぼ燠で埋まってしまいます。
いちばんいい景色がとれそうな箇所を想像して写真のように地面から幾分か上げて窯詰め150.png
ここは作品の表も裏も灰被りの景色になるのですが
上の写真の青紫のビードロは窯の壁際になる面で
反対側の二面は・・・



f0014970_11462270.jpg
深い深いコゲ”!
そしてバキバキにヒビ割れちゃいました129.png
でもこれはこれで、
灰被り特有の侘びた風合いに、挿し色として”が入る事で独特の佇まいに113.png

この金継ぎは簡易のもので本漆を使った伝統的金継ぎとは違います。
今までにお買い上げ頂いた品物で大切に使って頂いていても
焼き物は割れ物ですのでどうしても破損してしまう事もあります。
この簡易金継ぎで補修出来る物もございますので治してみようっていう品があれば
割れた品とあれば欠片もお持ちになってお気軽に御相談下さい164.png

ちなみにこの角柱花入れはもう売れてしまっております。
ありがたいことです♪
が、8月の登り窯でもう一度同じ場所に詰める気で
「角柱花入れ改」を作ってあります156.png
もちろん今度はキズひとつなく焼けてくる(はず!)なので、
金は入りませんが(笑)

-----------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

-----------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-07-30 17:25 | 店長一号 | Comments(0)