信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

火袋の様子とまっしろタヌキ(鶏付き)


登り窯の窯出し、着々と進んでおります101.png
毎日のように新たな作品が出てくるのは楽しいです169.png

f0014970_10461137.jpg
昨日はとうとう火袋も出しましたよ。
火袋は登り窯の部屋の中では最も長く焚きますし、この部屋だけで約350束の赤松を使用します。
登り窯ならではの特徴的な火色や灰被りがとれる部屋でもあり、
それだけに窯出しもひときわ期待が膨らみます111.png


f0014970_10463029.jpg
恒例の火入れ前と焼き上がりの画像くらべ114.png
今回は大きなモノをたくさん火袋に入れたので、比較的棚組みは少なめです。



f0014970_10464597.jpg
窯出し前の画像です。
真ん中上段の壷の横にあった平茶碗・・・
窯焚きが終わるとどっか飛んでいって無くなってました148.png
ですが、窯出し時にはちゃんと無事に見つかりました!
よい雰囲気になってたのでまたご紹介しますね~115.png


さて、今日はそんな焼き上がったばかりのモノから
かわった狸をご紹介します158.png

f0014970_10470611.jpg
【金森洋介 尺一手ひねり狸】

先ほどの火袋の写真を見ていると、えらく明るい色合いの狸でびっくりされるかと思いますが
登り窯は詰める場所によって様々な火力や焼き味がとれ、
焼き締めや灰被りのようなモノから、こういった釉薬モノまで
幅広く色々を一気に焼けるのも面白みのあるところです112.png

白い荒土で紐造りし、透明釉のみで焼き上げのオーダーを下さったのは大阪にある焼き鳥屋さん。
なので手には鶏がのってます113.png
トサカとノド(?)のみ赤にというのも店主さんのご希望ですが
全体が無色なので際立ちますね~150.png

予備の一体と鶏なしバージョンは一般にお分けしますよ~165.png 

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-09-10 17:08 | 店長一号 | Comments(0)