信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

KURORAKICHAWAN


毎回、登り窯の窯焚きには必ずと言っていいほど抹茶茶碗を作って焼きます。
そして毎回ほとんどが信楽の特徴である無釉の“灰被り“火色”をねらいます。
もちろん今回の窯でもそれらは焼いているのですが
それとは別で珍しく釉薬モノの茶碗もいくつか焼きました109.png

テーマは「黒」。
なぜならお客さんとの話しの中で「黒楽茶碗のようなのは焼かれないのか」と聞かれたからです147.png
信楽と楽焼は同じ“楽”の字が入っていても全くの別物。
土や焼き方・焼成温度も違えば、成形の仕方も異なってきます。
なので当然、楽焼は出来ません。
で、答えた僕は・・・
「黒楽茶碗のテイストが入った信楽焼でよかったらやってみましょうか?」
つくづくかるいな、僕は129.png

てな流れで、黒い茶碗をいくつか焼く事となりました。
土は全て信楽の土ですが、数パターンを。
釉薬も同じく数種を。
楽焼は1000℃くらいで焼きますが、
当苑の登り窯での焼き上げですので焼成温度は1300℃~、窯の様々なところで。
成型は楽焼では「手づくね」と言いますが、信楽では「手びねり」。
技法的には似ておりますが、
信楽では通常あまり行わない茶碗の内側を削ったりはいくつかしてみました144.png

では、それらがどう仕上がったか・・・
焼いた一部をざーっと写真だけあげてきますね156.png


f0014970_13441539.jpg




f0014970_13431890.jpg



f0014970_13433889.jpg



f0014970_13435238.jpg



f0014970_13440204.jpg




f0014970_13442805.jpg



f0014970_13444152.jpg

いかがでしょうか?
黒楽茶碗の雰囲気、すこしでも出てますかね121.png
たまには違う事をやるのもいいもので、個人的には楽しんでやれました106.png


【上田宗 KURORAKICHAWAN】


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-09-21 17:45 | 店長一号 | Comments(0)