信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

美しい日本に出会う旅


こんにちは。
登り窯の窯出しも済み、こちらでご紹介できる新しく焼いた品々もたくさんありますが・・・
しばらく更新が滞っております145.png
、、、と言うのも大きな窯は窯出しも一気に大量に出て来ます。
ご注文を承っている品々もいっせいに出てきますので
それらの梱包や発送の作業に追われておるのです140.png

と、言い訳からはいったところで
今日はそれら受注品の様子を111.png

f0014970_15344406.jpg
【金森洋介 ひねり狸】

大漁の特注タヌキたち。
なんと、すべて手捻りによる一点造りをしております166.png
これらはこれから受注先にお送りし、カタログ通販されていきます。
カタログやインターネットでの販売は実物を見て頂けないので、
1点1点が異なる手造り品や薪窯での焼成品は避けられる傾向があったのですが
それでもご紹介したいと扱って頂けるのは当苑としてはとても喜ばしい事です102.png




f0014970_15350517.jpg
【上田健次 黒土タレ入れ】

隙間なく並べたこちらは、
鉄板焼きのお店からの特注で三連のタレ入れです。
珍しく黒土での焼き締め。
ついつい“タコ焼き”を連想してしまうのは大阪暮らしが長かったせいか…129.png



f0014970_15352677.jpg
【釘田誠史 黒土小鉢】

こちらも上のタレ入れと同じ店からの注文品の小鉢。
同じく黒土の焼締めです。
黒い土で無釉で焼き締めても個体差はあまりないかなと予想しておりましたが
このように同じ黒土でも、赤みをおびたり、グレーっぽくなったりと以外に様々な景色になりました150.png



f0014970_16363670.jpg
【西山信義 大植木鉢/服部津 カメ】

この大きなのも特注の植木鉢。
海鼠釉~透明釉~白釉というグラデーションが新鮮です109.png

手前の亀も甲羅を青みのある色合いでというオーダー。
通常は奥の飴釉バージョンですが、これもなかなか165.png


これら特注品は全て大登り窯での焼き上げ品ですが、
これらを焼いた今回の窯焚き、実は一日テレビの取材が入っておりました。
窯焚き中にインタビュー形式で質問に答えたのですが、
アツアツ・クタクタのコンディションで何をしゃべったかはよく覚えておりません143.png
そんな窯焚き風景、大幅カットかもしれませんが・・・・
明日21時から放送でーす106.png

「美しい日本に出会う旅」
BS-TBS 10月4日 21時~
ホームページはこちら


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-10-03 16:55 | 店長一号 | Comments(0)