信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ペンギン歩き!

二号代理です!

とうとう…とうとう自力で歩く練習にまでたどりつきました!!!!!
長かったなぁ…これで退院できる!
もしかしたら予定より早い退院もできるんではないか!
っと思いきや、
いざリハビリの先生に松葉杖なしで歩いてみようと言われて
ドキドキしながら足を踏み出したら…

痛い…;;

左足が踏ん張るたびにズキズキと痛むので
それをかばうためか右足はピョコピョコと飛び跳ねるようにしかあるけませんでした。。
しかも歩幅は小さいく歩くたびに体を横に揺らしながら歩いているのでペンギンみたいな歩き方です;;

「まだダメだねぇ。無理したら怖いしな。松葉杖が必要だね。」っと先生に言われてあえなく予定より早い退院の夢は崩れました(涙

それでも少しでも歩くことに慣れるために病室に戻ってからの自主トレで歩くようにしてみました!
それで気がついたのが準備運動をしてからだとまだ歩きやすいのですが
少しでもイスに座ったりして動かないでいると足が固まったように動かなくなり痛いのです;;

母に「時間が薬だよ。」と言われたのが身にしみた今日この頃でした。
[PR]
by soutouen | 2007-02-25 17:39 | 二号代理 | Comments(0)

穴窯 その6

穴窯の窯出しをしましたので、焼き上がりをお見せします。

f0014970_1549063.jpg
窯の前面の写真です。
2月10日のブログと見比べて下さい。
温かみのある火色にあがりました。

f0014970_15541419.jpg
こちらは窯の後ろの方です。
前面に比べると温度も低く、焼き色も単調ですがこれはこれで魅力的です。

f0014970_1557719.jpg
手前は灰被りの品です。
うーん、シブイ…。

今回、久々に穴窯を焚いてみた訳ですが、
結果としてはもう少し長く焚いて温度を上げた方が良かったと思います。
でも登り窯よりシンプルな分、素直に窯が反応し、たいへん勉強になる事も多かったです。
今回、学んだ事を登り窯にも生かし、
またの穴窯を焚く機会には、もっとうまく出来そうだなと意気込んでおります。
[PR]
by soutouen | 2007-02-20 16:06 | 陶芸 | Comments(0)

段段畑

こんにちは。二号代理です。
入院生活もはや一ヵ月を超えてしまいました;;長い…。
今いる病室では私が一番古株ということが判明し驚きました;;
でも入院予定これから3ヵ月っていう人もいて整形外科はやっぱ長引くのか…と改めて思いましたね。


先日、天気がよかったので日光を浴びたくなり病院の屋上(?)みたいなところに行ってみました!
病院内は暖房が効いているため暖かいのですが
一歩外に出た瞬間冷たい空気が流れてきました。
普通なら嫌な風がなんだか少し心地よくて変な感じがしましたね。笑

そしてベンチに座り太陽の日差しをめいっぱい浴びました!
光が眩しくて目を細めながら上を見上げると雲一つない晴天で日光でぬくぬくしながらしばらく眺めてました。
こんなふうに空を眺めるのもいいものですね。

入院してみて、今まであまり気がつかなかった日常での「幸福」というものを感じることができて
入院ってのも人生の中でいい経験になってるな、と感じました。

そうそう!!!日光浴中にふと信楽には段段畑がない!と気付きました。
愛媛をでるまで当たり前のことでそんなに気にもしなかったんですが、
写真の様な山一面のミカンの段段畑ってそんなにないですよね;;

f0014970_1611562.jpg

さすが愛媛!!!ミカンが有名なだけはあります☆笑
[PR]
by soutouen | 2007-02-17 17:39 | 二号代理 | Comments(0)

穴窯 その5

前回、13日の夜には穴窯を焚き終える予定と言っていましたが
結局14日の朝まで焚いてしまいました。
長く焚いた分、良くなって出てくればいいなぁ。

f0014970_16242181.jpg
これは焚き口から見た中の様子です。
左下の抹茶碗が倒れているのが見えますが、
これは最後には棒を使いおき炭に落としました。

そして前回、まっ黒の煙の出ている煙突の写真を載せましたが、
あれが温度が上がると…

ボカーン!
f0014970_16333868.jpg


ボッカーーン!!
f0014970_1639599.jpg


ドッッカァーーーンッ!!
f0014970_16561757.jpg
…です。
音も凄いんです。
爆発です。

           穴窯 その6につづく
[PR]
by soutouen | 2007-02-15 16:57 | 陶芸 | Comments(0)

穴窯 その4

二号代理さん、穴窯は順調に焚いております。
本日で火を入れて五日目ですが問題なければ今晩あたりに焚き終えるつもりです。

そんな訳で穴窯の窯焚きの様子をお届けします。

最初はロストル下、それもなるべく遠い位置で焚き始めます。
急に温度を上げると中の品物が割れてしまいますのでゆっくりとあげていきます。
そして少しづつ近づけていき350度ほどで通常の焚き口から薪をくべ始めました。
f0014970_17231953.jpg


いつも登り窯を焚く時は時間と投げ入れた束数、中の炎の状態や窯の中の色などを目安に
焚いておりますが今回は慣れない穴窯なので温度計(熱電対)も目安にします。
また、窯の横に色見の穴が開いているのでそこからの炎と温度計を見、
くべた薪が燃えきるか、あるいはくべて上がった温度が少し下がるとまたくべます。
窯の上にささっているのが温度計、火が吹き出ている所が色見穴です。
f0014970_1753296.jpg


この作業の繰り返しで900度ほどまで上げていきます。
今回はここまでで約三日かかりましたが、もっと短縮出来そうです。
この時点ではまだ煙突からは黒い煙が出ているだけですが…
f0014970_1726244.jpg




温度が上がると、なんと…!?


               穴窯 その5のつづく
[PR]
by soutouen | 2007-02-13 17:28 | 陶芸 | Comments(0)

歩けそう…

二号代理です!

愛媛に戻ってはや一ヵ月;;なにやら宗陶苑では先週末から穴窯を焚いてるもよう!
私も参加したかったなぁ…

…っとしょげてる場合ではありません!!
私にはやらなければならないことがあるのです!!!Let’s リハビリ☆

今週末から体重の1/2を左足にかけるようになりました!!!
なのでまっすぐに立ってるだけなら自力でできるようになったのです☆

そうなってきたら思うのが
「もしかしてもぅ自力で歩けるんでは…」
そうなるとチャレンジしてみたくなる今日この頃(笑
リハビリ後の病室の自主トレでこっそりやってみました。
まずはベットのふちを掴んでまっすぐ立つ、
右足は踏ん張ることができるのでまず左足を前にだしてみる…………………

いざ左足を踏ん張って右足を出そうとした瞬間!!!

ミシッ…

激痛;;
すぐさまベットに座りこみました;;
そして先生の言葉を思いだす。

「無理したら再手術だよ~。」

…すみません。許可がでるまでもう2度とチャレンジいたしません;;


店長1号さん穴窯の調子はどうですか?
無事に焼けるよう遠くから祈っております!!!
[PR]
by soutouen | 2007-02-11 16:36 | 二号代理 | Comments(0)

穴窯 その3

いよいよ昨日から穴窯の焼成を始めました。
しかし、窯焚きの様子は明日からにして
今日は窯づめの様子をご紹介します。

普段使っている登り窯と違い部屋自体が狭いので
中腰や身体を縮めたままで作業をしないといけないどで疲れます…。
しかも中に入れるのは一人か二人だけなので予定していたより手間取りました。
f0014970_1694686.jpg

窯の奥から順番に前に向かって詰めていきます。
自然釉により棚板に品物がくっついてしまわないように
底により土をつけて窯づめします。
焼き上がり後、より土を外すと目跡として品物に残り
薪窯焼成品特有の景色の一部となります。
f0014970_16401117.jpg
寝かたり、
藁を巻いたり、
貝殻に反応させたりといろいろ工夫してつめます。
今から焼き上がりが楽しみです。
f0014970_16503397.jpg

次回から窯焚きの様子をお届けします。
明日・明後日は窯焚きの見頃ですので
興味のある方はぜひ御来苑下さい。

             穴窯その4につづく
[PR]
by soutouen | 2007-02-10 16:53 | 陶芸 | Comments(0)

1/3ってどんぐらい;;

二号代理です。
またまたリハビリ進歩しました!!!
今までは歩くとき松葉杖で左足は浮かして歩いてたのですが
先週の終わりから体重を少し左足にかけて歩く練習が始まりました!
リハビリ日程も決まって一週間ごとに少しづつ左足にかける体重を増やしていって
最終的に自力で歩けるようにするといった感じです。
まず、一週目は全体重の1/3を左足にかけていきます。
1/3がどのくらいかわからないので右足は踏み台、左足は体重計に乗ってどのぐらいか確認します。
で、1/3にするにはどのくらい体重をかけるのか確認したら

先生「ぢゃぁ歩いてみようか!」

…これだけぢゃいまいちわかりません;;

先生「雰囲気だよ!雰囲気!!」

雰囲気ってなんだよ;;
とりあえず歩行訓練開始。
松葉杖を前に出すと同時に左足も前に出す。
でも体重かけすぎたら怖いので左足は床に触るぐらいにそっと置くぐらいしかできなかったです;;慣れが必要ですね。
しかも踏み出す時に力いれてないにもかかわらずふくらはぎやら足首が痛い…
怪我する前はなんてことなかったことが今ではすごく大変なことになっていて、
健康なことがどんなにありがたいかを再度実感しました。



早く健康になります。。
[PR]
by soutouen | 2007-02-08 12:53 | 二号代理 | Comments(0)

穴窯 その2

毎日、例年に比べ温かいので作業がしやすいです。
窯の仕事などはほとんど屋外みたいなものなので助かります。
地球温暖化などの事を考えると複雑ですが…

昨日の続きで穴窯の改修箇所です。

改修ポイントその③ ロストルの設置
窯の前面を1メートルほど掘り下げ、ロストルを作りました。
f0014970_16314228.jpg

これにより焚き始めは下から焚き、作品に直接火が当たることなく、
300度までに割れてしまう可能性がぐんと減る予定です。
また、温度が上がり、上から焚く時も下からの空気によりおき炭の量を調節でき、
効率良く焚いていけるようになるはずです。
f0014970_16305649.jpg
 

改修ポイントその④ 内壁の補修
これは登り窯でも焚く度に行っている事ですが、
内壁が崩れて薄くなっている箇所や崩れそうな箇所はモルタルで補修します。
崩れそうな内壁を崩すと中から冬眠中のコオロギが大量に落ちてきました…
f0014970_16353492.jpg


この後、湿気を取るために700度までの空焚きをしました。
次回は窯詰めの様子をお伝えします。
そして9日よりこの窯に火が入ります。
10・11・12日の連休中は窯焚きが御見学して頂けますので
興味のある方は是非、御来苑下さい。

             穴窯その3へつづく
[PR]
by soutouen | 2007-02-06 16:38 | 陶芸 | Comments(0)

穴窯 その1

当苑ではメインになる巨大登り窯があるため普段はそんなに使う事がないのですが、
苑内の一番奥にひっそりと穴窯があります。
その穴窯を今回、数年ぶりに焼成することになりました。
登り窯とはまた違った焼き上がりも致しますので楽しみです。
f0014970_13532342.jpg

焼成するにあたりまず、窯の改修と窯の周りの掃除を行いました。
掃除は山際に窯があるため火事などをおこさない為に周りの木を切り
草を刈り込みました。

改修ポイントその① 煙突の縮小
元からの煙突では長すぎた為、崩して短くしました。
f0014970_14274176.jpg


改修ポイントその② 煙道の補修・掃除
煙道を掘り起こし中に溜まっている余計な物を取り除きサイズ等も補修致しました。
もちろん補修後はもう一度土を被せて埋めてしまいます。
f0014970_14341929.jpg

今月、7・8日に窯詰めをし、9日よりこの窯に火が入ります。
10・11・12日の連休中は窯焚きが御見学して頂けますので
興味のある方は是非、御来苑下さい。


           穴窯 その2につづく
[PR]
by soutouen | 2007-02-05 14:48 | 陶芸 | Comments(0)