信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

狸の窯 その2

昨日より登り窯の窯出しが始まりました。
今回は「狸の窯」で、御覧のように狸が大量に焼き上がってきました。
f0014970_16501744.jpg
向かって右側が薪を投げ入れる側になるのですが、
後ろ向きに並んでいるのは、火力の強い方に正面を向けると
お腹や目などの白い部分が茶色くなってしまうからなのです。

f0014970_1785527.jpg
こちらの部屋の上段にも別の種類の狸が後ろ向きで入っていますね。
入っている狸製品の紹介は次回ゆっくりさせて頂きます。

f0014970_17113642.jpg
こちらは登り窯の一番下になる火袋という部屋の写真です。
通常、登り窯ではこの部屋は燃焼室とし、品物を入れない窯が多いですが
当苑の登り窯では棚組みがしてあり、毎回この部屋でも品物を焼きます。
前の背の高い壷と角の壷はいっきに直火が当たり割れてしまいました。
この場所をうまく焼くのは難しいです…。

まだ、本日のところは開けていない部屋がたくさんあり、
窯出し作業は今月末あたりまで続きます。
[PR]
by soutouen | 2007-03-25 17:19 | 陶芸 | Comments(0)

狸の窯 その1

明日、16日より登り窯に火が入ります。
f0014970_17535937.jpg

今回の窯は「狸の窯」と名付け、たくさんの狸を焼きます。
それも江戸期~昭和初期の復刻版レトロ狸です!
f0014970_17554849.jpg

このレトロ狸、形と大きさ等を変えて3種類あるのですが、
いずれも普段焼いている狸とは形状も色合いも違い、一見の価値ありです。
個人的にもこちらの方がかっこよくて好きです。

こんなにたくさんの狸を一気に焼く事も珍しいのですが
レトロ狸以外にももちろん通常の狸や
陶芸教室のお客さんが手造り狸教室で作られた狸など
まさしく狸尽くしの窯です。

もちろん狸以外も窯詰めしてあります。
f0014970_1863040.jpg

窯焚きの見頃は18~21日ごろの予定です。
[PR]
by soutouen | 2007-03-15 18:08 | 陶芸 | Comments(0)

東薬大 その1

ご無沙汰しておりました。店長2号です。

今回は3月2~5日迄の4日間、陶芸教室に来ていただいた東京薬科大学の陶芸サークルのみなさんの事を記事にしたいと思います。

こちらのサークルでは2年に一度合宿として宗陶苑に来てくださってるのですが、サークルの設立当初30年以上前から続いているというのがすごい事ですね。
サークルの設立者の方から院生の方までOBとして一緒に来て頂いて、嬉しい限りです。

作陶風景はこんな感じです
f0014970_1712887.jpg

f0014970_1714772.jpg

今回3月16日火入れの窯は「狸の窯(たぬきのかま)」という事で皆さんには手びねりによる狸造りに挑戦していただきました。
f0014970_171231.jpg

一つ一つ丁寧に作っている姿が印象的でした。
只今窯詰め中ですので、焼き上がりを楽しみにしていてくださいね!

それでは、その2に続く・・・という事で、失礼致します。
[PR]
by soutouen | 2007-03-10 17:13 | 店長二号 | Comments(7)

あと一週間!

こんにちは二号代理です!
なんと!!!退院まであと一週間となりました!
やったぁ☆これでやっと信楽に帰れます。
長かったような短かったような感じですね!
でもまだリハビリがあるので滋賀の病院に通院です;;いつまでリハビリ続くのやら…
まだ走ったり飛び跳ねたりができないのがつらいですね;;これはまだ何ヶ月もかかるらしくて…早く走り回りたいな;;

っと、退院が近いことにうかれていたら………


風邪ひきました;;なんでやねん!とツッコミたいぐらです。
そういえば入院してからというものよく熱をだしてます。
やはり怪我によって体のいろんなところが弱ってしまってるのでしょうか;;

風邪ひいたままの退院なんて後味悪いので早く治して気分よく退院してみせます!!!
[PR]
by soutouen | 2007-03-06 17:22 | 二号代理 | Comments(0)