信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

素焼きについて。


登り窯の窯詰めも順調に進んでおります001.gif
焼き物では一般的に、素焼きと呼ばれる一度800度ほどで焼成してから
施釉、本焼きという工程がふまれますが、
登り窯に詰める大半の品物は素焼きをせずに窯詰めします。

と言うのも素焼きを行う目的と言うのは、
施釉の際に乾いた生地が釉薬の水分でキレるのを防ぐのが目的の大半ですが、
登り窯の灰被りや火色は、焚いた炎と灰の景色ですので
基本無釉ですので素焼きをする必要がないのです。

また狸や食器などの施釉をする物も釉薬の濃度や掛け方でキレる恐れの無い物は
当苑の場合、生の状態で施釉をします。

なのでほとんどの品物は素焼きをしないで良いのです。
・・・と言うかしない方が良いのです。
する必要がないのに無為に焼成回数を増やすのは
冷め割れなどの危険を増やすだけですので034.gif

でも以下のような場合は登り窯の物でも素焼きをします。
〇生地の片面などの一部にだけ厚く施釉するもの。
〇火袋の直火に当たって急激に温度が上がる可能性のある場所に詰める物。
〇緋襷などのように詰めるまでに作業が必要で割ってしまう恐れのあるもの。

なのでこれらの品物はガス窯を使って素焼きするのですが、
当苑ではガス窯の焼成担当は僕の叔父で、
毎回、鬼031.gifのような窯詰めで
もっとも入る分量を超スピードで詰めてくれていたのですが
その叔父が病気でしばらく休みっ!!033.gif
戻ってくるまでは他の者でガス窯も回さないといけません021.gif

f0014970_17132788.jpg
今日は三人がかりで素焼きの窯詰め。
僕は10年ぶりくらいに素焼きの窯詰めをしましたが、
何人かで協力して小さな窯を詰めるという作業に学生の頃を思い出しました012.gif


f0014970_17191512.jpg
ガス窯の前には叔父作のオブジェが並んでます017.gif


----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-29 17:24 | 店長一号 | Comments(2)

シスターズ



f0014970_1618182.jpg
                 黒土変形小鉢 各¥840      and more!!




----------------------------------------

僕には二人の妹がいます。


昨日、下の妹に
「いっつもひとりでニヤニヤしてるけどアブナイで」と言われた。
?!
いや、ニヤニヤじゃなくて、いつもニコニコしているつもりなんですけど…022.gif


そして今日、ガス窯の焼成中にガス圧を上げるのを忘れないように
携帯にアラームで「ガス」と入れていたのですが
鳴っているアラーム059.gifを見た上の妹は誰かの着信かと勘違いし、
しかも「ガス」「カス」と勘違いっ!!
僕がアドレス帳に誰の事を「カス」と入れているのか気になってたらしい…015.gif


あなた方には兄がそんなにアウトローに見えていますか・・・046.gif



----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-27 17:06 | 店長一号 | Comments(0)

色の組合せ


前回「色」の話題をしましたので、
今回は焼き物の色の組合せを。

窯元にはそれぞれ得意としていたり、推しだしている
“色”や“質感”があったりします。
当苑の場合その頂点にはやはり薪窯の特徴が最も表れる灰被りや火色の物がきますが
それだけではなく、黒や白や色の釉薬物にも力を入れております006.gif

例えばご自宅の器を全て灰被りの物で揃えると実に豪華で重厚な食卓になりますが、
すこし息が詰まりませんか?
4番バッターばかり揃えた野球チームだったり、
肉料理ばかりのコース料理のようで。(これはちょっと食べてみたいかも…)

同じ焼締め物でも、釉薬との掛け分けや緋ダスキの物を加えたり、
施釉された物を加えたりした食卓の方が灰被りや火色も生きてきます056.gif

f0014970_10445737.jpg
      黄釉片口小鉢 ¥730 / 勝作黒紋七寸皿 ¥1,700 / 瓢箸置き ¥500   

あまり突拍子なものが加わるともちろんおかしくなりますが、
同じ窯の物同士なら相性も抜群です♪




f0014970_1045136.jpg
       誠史作灰被一輪挿し ¥8,000 / 深緑海鼠釉賛の鉢 ¥4,000

入れる花や盛る料理によっても色々組合せを悩むのも楽しいです 032.gif

しかしこの時期は裏山に花を採りに出ても椿だけ・・・044.gif



----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-26 14:00 | 店長一号 | Comments(0)

フェイバリットカラー


十数年ほどずっとお茶の御稽古に通っているのですが
昨日は先生のお宅での初釜でした☆
初釜とは茶道の稽古始めの茶事で、
一年の始まりを皆で祝います。
僕も一年間でこの日だけは着物です036.gif

f0014970_14501793.jpg

立派なお道具でお濃茶、お薄茶、そして御料理と一日たっぷりと満喫しました♪
お土産に大好物のお酒とチョコまで持たせて頂いて
とても優雅で素晴らしい一日でした043.gif


さて、この着物の草色(緑色)、僕のフェイバリットカラーです!
緑色ってものすごい種類がありますが
これくらいの“みどりぐあい”が一番好きです016.gif
洋服や身の周りの物なんかも気付いたらこういう色の物をよく選んでいて、
どんどん“ミドレンジャー”になりつつあります…


そしてこの緑色は宗陶苑のカンパニーカラーでもあるんです!!
お店の外壁も
信楽中に設置している当苑の「道しるべ」も
このブログの左上にあるロゴも
オンラインショップ【shin-len・しんれん】のページも
すべて“みどりいろ”なんです027.gif


…とか言いながら意外と製品では緑色の物って少ないのですが、
この角皿は人気商品です↓
f0014970_17353213.jpg
              津作緑釉流し角皿 ¥900



----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-22 17:51 | 店長一号 | Comments(0)

でっちようかん

丁稚羊羹(でっちようかん)。

f0014970_14455310.jpg

信楽名物です。
信楽でも製法の都合か冬の間しか食べれません。
小豆や砂糖を減らした安価な羊羹で、
丁稚が里へ御土産に持ち帰れるほど安価な為こう称したらしいです。


砂糖と小豆を減らした為、味わいがあっさり・さっぱりし、
飽きのこないおいしさです。
舌がまだまだ丁稚なのか…僕は普通の羊羹より好きです016.gif


他府県でもあるようですし、滋賀では近江八幡の丁稚羊羹が有名ですが
地域によってそれぞれ違うようなので食べ比べもイイかも041.gif041.gif011.gif


オッサンばかりの田舎の窯元ブログにしては
けっこうな頻度でスイーツが登場しますのでもうばれてるかもしれませんが
僕はけっこうな甘党です012.gif
夜な夜なチョコをかじりながら日本酒をやるという
“むこうみず”(笑)っぷりです。
今宵は満月、月見で一杯デス・・・070.gif



----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-20 16:46 | 店長一号 | Comments(0)

桐箱の山



f0014970_1812142.jpg


ここ数日はひたすらこれの検品→包装→箱入れの繰り返しです008.gif
写真はほんの一部で数千個の注文です。
残念ながら中身の製品は外注なのですが、
御要望があれば場合によって、こういった仕事も請けます!!
忙しいのは良い事です!!
学生の頃に時々やってた“ど短期バイト”を思い出します026.gif


----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-19 18:27 | 店長一号 | Comments(0)

醤油ロールケーキ♪


京都ARINCOさんの醤油ロール。

f0014970_1042936.jpg


老舗「澤井醤油」の濃口醤油練り込んだ生地と
もろみを加えたクリームのロールケーキに
付属の醤油ソースをかけるという三段がまえ!!
と言ってもそんなに醤油の味はきつくなく、
ふっわふわ~のロールケーキです016.gif
京都限定らしいです。


皿は勝作灰被七寸皿
和皿に洋菓子もなかなかの趣きでしょ。
こちらも数量限定です058.gif


----------------------------------------

2月10日、巨大登り窯に火が入ります!!
窯焚きの見ごろは2月12日(土)~15日(火)で、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。
迫力の窯焚きや焼かれたばかりの作品を見に
ぜひお越し下さい006.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-16 11:21 | 店長一号 | Comments(0)

火入れに向けて!


来月、2月10日の火入れに向けて窯詰め作業中です!!

窯詰め作業とひとことで言っても、
ただ窯に品物を入れていくだけではなく
窯の場所によって火力が違いますので、
物によっては施釉したり、緋襷の藁を巻いたりといった作業や、
棚を組んだり、薪の準備をしたりと様々な仕事があります。

それにウチの窯はハンパなくデカイ035.gifので
一度の窯詰め作業に約一ヶ月半ほど費やします。


f0014970_11495385.jpg
狸の釉がけ中。
おおまかな部分はスプレーで塗り分け、
目や歯などの細かな部分は筆や刷毛で手塗りします。


f0014970_13321617.jpg
こちらは狸に別パーツで持たせる用の徳利。
今年の干支である兎の絵を描いてますね001.gif


f0014970_13541662.jpg
ぎっしり入っているのは全て陶芸教室の作品たちです☆

窯詰め作業はまだまだ続きます。
今回の窯には壷、一輪挿し、メダカ鉢等がたくさん入りますが
もちろん食器や狸など色々と焼きます。

窯焚きの見頃は2月12日~15日、
窯出しは2月20日ごろからの予定です。


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
[PR]
by soutouen | 2011-01-15 15:34 | 陶芸 | Comments(0)

雪色のうつわ


f0014970_16373265.jpg


高校の同級生が数年ぶりに突然職場にやってきた。

「仕事で信楽来たから寄ってみた」と。

作陶中の僕を見てひとこと、

「図工、1やったお前がなぁ~」と。





なぬっ!?

僕、図工1だったのですか?!!!!!

まったく覚えてない…

でもいいです!!

「好きこそものの上手なれ」です045.gif


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-13 17:05 | 店長一号 | Comments(0)

くらげ壷


今日はすこし変わった形の壷を御紹介します。

f0014970_1356274.jpg
                   寿方作灰被りくらげ壷


口から肩部分へのエラ状の傘と
全体のフォルムが海のクラゲを連想させるから「くらげ壷」。
当苑の会長上田寿方の作る壷のなかでも個人的に好きな形です。

またこの写真のものはひじょうに焼きも良く、
この個体だけでさまざまな景色が楽しめる見所の多い壷です。



f0014970_1417172.jpg
みどころ①
傘部分は文字通り雨を除ける傘のように
焼成時に十分な灰を受けビードロの流れが楽しめます。
口と傘の縁の色の変化も美しいです009.gif 



f0014970_14274924.jpg
みどころ②
傘の縁の裏側にいくつもたまった「蜻蛉の目」。
寄り集まったビードロの滴を蜻蛉の目(とんぼのめ)と陶芸用語で言いますが、
クラゲにトンボに…賑やかです!
この壷はこんな滴が360度ぐるりにいくつもあって、
それぞれの色合いの違いも楽しめます。
また灰の載り方の違いによる変化も
傘の表・裏・胴部でそれぞれにおもしろいです017.gif



f0014970_14491695.jpg
みどころ③
胴部のコゲの色合いの変化。
同じ焦げでも部分による違いがあったり、
ビードロと混ざり合ったりで、
“黒”の中でも色あいの違いがあるんです021.gif


f0014970_15233247.jpg
みどころ④
茶、紫、白み等の灰が釉化して出来る自然釉の色味の変化。
また、フリーハンドで入れられたヘラ目の筋による
色味とビードロの流れの変化もおもしろいです。



----------------------------------------

今日は朝から雪かきで始まりました。
この冬、最初の雪かきです。
信楽は田舎のせいか、イメージ的に雪深く思われがちですが
最近は雪かきをしないといけないほど積もるのは一冬に2~3回ほどです。
f0014970_1549151.jpg
なので雪かき作業も楽しかったりします♪
長靴も履けるし・・・って子供かっ!!037.gif

そう言えば子供の頃はよく霜柱を踏んで歩くのが好きでしたけど
最近はあのバリッ!バリッ!という音も聞かなくなったなぁ・・・
温暖化か・・・


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-01-10 15:54 | 店長一号 | Comments(0)