信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鹿皮


以前にこのブログで会長が「作陶道具についての覚書き」という記事を書きましたが、
その中の動物製品のなかに“鹿皮”とありました。
これは、器の口縁などをなめらかになめす為に使うのですが、
陶芸材料屋さんなどで天然・合成共に綺麗に切られて売られているものが手に入ります。

しかし、当苑では以前に仕入れたもので
かなり大きなままの状態の鹿皮を使いたい大きさに切り分けて使用します005.gif
f0014970_16362033.jpg


ハサミを使ってはいますが、
切ってる姿は原始人を連想させます…045.gif

既製品になっている物とは違い、形も厚みも揃っていませんが、
必要な厚みの部分を好きな大きさに切って使えます060.gif




銃弾の後らしきものがあったりと、けっこう生々しかったりはします。
f0014970_16493190.jpg
これは目と口なのでしょうか046.gif
このカラーだとブタさんに見えますね・・・

土を掘って、こねて、焼いて固めるという
とても原始的な工程の陶芸。
それに使われる道具も何百年経ってもやはり自然の物がいちばんよかったりします032.gif
もともとは水や食物を保存する為に作られてた器を
たまたま食べた鹿の皮で撫でてみたらよかったのでしょうか?
なんかよく分からんけど、自然と生活と密着してるようでちょっと感動する021.gif





f0014970_17131493.jpg
昨日の夕暮れ、作業場の前をけっこうなサイズ035.gifのカブトムシが横切っておりました。
カックイイーーー066.gif
が、さすがにこれは捕まえても道具になりませんか・・・015.gif

----------------------------------------

「夏休み宿題教室受付中!!」

8月15日までに作陶されたお子様の陶芸教室作品を9月1日までに焼き上げます!!
(ガス窯焼成に限ります)
夏休みの自由工作などに御利用下さい。
ちょっぴり避暑な信楽で土いじりは楽しいですよ♪
カブトムシも捕れる!!(…かも)

御予約はこちらから058.gif


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-28 17:59 | 店長一号 | Comments(0)

寿方の絵皿


信楽焼きは元来、土味を活かした無釉の焼締めが主流で
絵付けの施されたものというのは少ないです。

しかし、当苑の会長上田寿方は絵を描くのも好きで、
陶芸作品にというよりは、色紙などに墨と水彩絵具で
日頃からちょくちょくスケッチのような絵を描いております。

そして今回はそういった絵を自分の作った皿に施した
当苑としても寿方の作品としてもめずらしい絵皿をご紹介します。


f0014970_16243834.jpg
まず呉須(ゴス)で描かれた壷の絵の皿。
呉須とはコバルトが主成分の陶芸で使う顔料で、
焼き物の絵具としてはもっともポピュラーなのではないでしょうか。
青みのつよいものから写真のような黒っぽいものまで
呉須にも色々種類があります。




f0014970_16372311.jpg
こちらはその呉須と鉄の二色を使った登り窯の絵の描かれた皿。
ちゃんと部屋数が十一の間まであることで
当苑の巨大登り窯だと分かりますね003.gif




f0014970_16435541.jpg
他にも小皿に絵付けを施したものなどもあります。

磁器に施された繊細できれいな色絵のものも好きですが、
やはり土物にはこういったどこか“土の匂い”のするような絵のタッチが似合いますね039.gif


当苑にてお買物をして頂いた事のある方はご存知かと思いますが、
ショップバック(紙袋)にもこの寿方の絵が描かれております017.gif
サイズを違えて5種類のショップバックを揃えておりますが、すべて絵柄が違います。
ぜひぜひ、いっぱいお買物して全種類揃えてみて下さいね~031.gif



----------------------------------------

ここからはお知らせ006.gif

明後日、7月29日から8月23日まで
信楽伝統産業会館にて
「信楽陶芸作家協会展」が催されます。

信楽のいろいろな作家の作品が一度に見れます。
当苑からも数人が出品しております。

f0014970_16505830.jpg


先ほど僕も搬入に行っていくつかの作品を見て来ましたが、
伝統的な作品から現代的なオブジェまで
本当に色々な作品が一度に見れちゃいます070.gif

----------------------------------------

「夏休み宿題教室受付中!!」

8月15日までに作陶されたお子様の陶芸教室作品を9月1日までに焼き上げます!!
(ガス窯焼成に限ります)
夏休みの自由工作などに御利用下さい。
御予約はこちらから058.gif


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-27 18:04 | 店長一号 | Comments(2)

2011火祭り


昨日の信楽は「火祭り」
今年は600本ちかくの松明が愛宕山に登りました005.gif

f0014970_1582822.jpg
当苑からも職人とお客様が数人、大っきな松明を担いで登りました021.gif
僕は今年は登っておりませんが・・・
のぼった皆さん、おつかれさまでした040.gif

去年の様子、松明についてはこちら


そして・・・
f0014970_15351355.jpg
花火も024.gif

これが田舎の祭りの花火にしてはしっかりとしたボリュームで
けっこうな見応えがあるんです001.gif
た~ま~や~~~~~038.gif


----------------------------------------

「夏休み宿題教室受付中!!」

8月15日までに作陶されたお子様の陶芸教室作品を9月1日までに焼き上げます!!
(ガス窯焼成に限ります)
夏休みの自由工作などに御利用下さい。
御予約はこちらから058.gif


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-24 17:54 | 店長一号 | Comments(4)

台風が去っていっきに晴れ間が058.gif
待ってましたとばかりに今日の午後からは・・・
「みーん、みーん、みぃーーん」、
「じじじじぃーじぃーーー」と
いっせいにセミが。

うーん、夏だね042.gif

昼間のセミは正直暑苦しいしウルサイけれど、
少し涼しくなった夕暮れ時に
「キャキャキャキャキャー(?)」
「クックックックックーー(?)」
と擬音に出来ない鳴き声のヒグラシは風情があって好きです016.gif
(街からお越しでこのセミの鳴き声を初めて聞く方もあり不気味に思われることも…)


そんな中、職人達が趣味で各作業場で育てている植物達も
いろいろと咲きだしています。



f0014970_14401684.jpg
あっちでも056.gif


f0014970_14404675.jpg
こっちでも056.gif056.gif


f0014970_1441382.jpg
そっちでも056.gif056.gif056.gif


職人の作業見学と併せて、育てた鉢植えを見学してまわるのも楽しいかも。



花の季節、やはり好調なのは一輪挿しです。

f0014970_14584312.jpg
      勝作緋襷丸花入 ¥2,500


f0014970_14593839.jpg
       誠史作面取り一輪挿し ¥4,000


こうな小ぶりな一輪挿し、あると便利です045.gif
床の間や食卓、窓際や玄関の棚の上など屋内なら場所を選ばず使いまわせます041.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

そして明日から待望の夏休みというお子さんが多いようですね。
なので今年も「夏休み宿題教室」受付中です!!

これは8月15日までに陶芸教室を体験されたお子様連れのお客様は
通常焼き上げまで一月半かかるところを、
夏休みの宿題や自由工作の提出に間に合うように
9月1日までに焼き上げるというサービスです。
もちろん一緒に製作された御両親の作品も一緒に焼き上げます。
但し、このサービスはガス窯焼成を選ばれた場合のみで、
登り窯焼成の出来上がりは9月下旬頃になりますので注意して下さいね。
御予約はこちらから001.gif

----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-20 16:29 | 店長一号 | Comments(2)

“むかしの道具”

一.物造りは総て手造りであった。

二.つくり手が補助の為にふさわしい“もの”、用具で身近にあるなんでも応用した。

三.物造りの“知恵”そのものである。

四.作品が総て個性の結集となる

五.伝統の源(ミナモト)を生んだのは“道具”である。




手造りのもの

木製品 ヘラ、型。底コテ・キヨゴテ・荒ゴテ・内ゴテ、タタキ板。
竹製品 ヘラ 多数形状。番笠の頭。
金属製品 ヘラ、剣先、鉋各種。
布製品 蚊帳、ドンゴロス、レース、タオル、ガーゼ、毛布、網目布
ゴム製品 ヘラ、タイヤ
動物製品 鹿皮、羽各種
植物製品 押し花、葉形紋(モミジ、ツバキ等各種)、タワシ、ワラ、刷毛
セルロイド 平面、波紋、雲状




日用品

食器類 ナイフ、フォーク、スプーン、箸、楊枝
調理具 包丁、巻き寿司用簾
大工道具 ノミ、ノコギリ、カケヤ、キリ、カナヅチ、ペンチ、バイス、ノギス、フルイ
化粧道具 クシ、ブラシ、バリカン、カミソリ
裁縫用具 針、鋏、糸
学用品 コンパス、スケール、分度器、千枚通し、筆、鉛筆、筆巻き
天然物 かる石、溶炭、貝殻、木(木目、年輪)、石膏(型、印利用)


                          寿方記

 
f0014970_1648507.jpg



----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-16 16:49 | 会長 | Comments(0)

板皿に模様を。


今日はシンプルな段模様のタタラ皿の製作工程を。


f0014970_8534369.jpg
まずは長方形に切ったタタラ(土の板)を用意します。
土の厚みは好みですが薄いと軽く扱い易いですが焼成時のひずみの原因になります。
こちらの皿は登り窯の焼締めで焼成予定ですので、
火力も上がりますし、そこそこ厚みがある方が見ばえも良いので11mmに。
口はキレを防ぐ為になめし皮などでしっかりと〆ます




f0014970_8541821.jpg
段にしたい形に切った型紙を配置します。
素材は弾力が硬すぎず柔らかすぎずちょうど良いのと
切ったりするのが容易なので梱包資材のマットを2枚重ねて使ってます。





f0014970_8545174.jpg
ひっくり返して裏側からバンバン叩きます。
型をつけるように。




f0014970_8574521.jpg
表返して型紙を外すとこんな感じに凹みます。
でもこの写真↑、なぜか楕円の模様が凸ってるように見える023.gif
視線を外してもう一度見るとちゃんと凹んでたり・・・
僕だけ?
目の錯覚?027.gif




f0014970_944278.jpg
皿の縁を持ち上げます。
しかしこの職人は白いな…
ホワイトデヴィル031.gifって呼ばれてます(ウソ)



f0014970_973614.jpg
なんてこと言ってる間に完成024.gif
あとは反ったり歪んだりしないようにゆっくりと乾燥させます。



f0014970_9141314.jpg
他にも型紙の形や配置の仕方を変えたりしていろいろ楽しめます。

登り窯での焼締めで焼きますので炎と灰で景色がついて
なにも模様を入れなくても良い仕上がりになるのですが
こういったシンプルな模様をプラスして
使う側にも盛りつけ方を考える要素を。
段模様をいかした盛り付けをしたいですね017.gif



----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-14 14:36 | 店長一号 | Comments(0)

LOTUS FLOW3R♪


今年も蓮の花が咲きましたよ056.gif

f0014970_15463042.jpg


幸い睡蓮鉢は売るほどありますので(笑)、たくさん植えておりますが、
咲き始めたのはまだ数鉢だけです。

それにしてもなんでこんなにやさしい色合いに咲くのでしょう?
癒やされます016.gif



f0014970_1625614.jpg


特にこの黄色いところ(花托)の造りが好きです。
接写で撮ろうと近寄ったら・・

・・・

f0014970_1625172.jpg


・・・・

お食事中でした・・・

失礼しました040.gif



----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-10 17:30 | 店長一号 | Comments(0)

催涙雨な麺碗


057.gif
今年は織姫は彦星に逢えませんね。
気の毒に…002.gif



さて昨日、ご紹介した麺碗の色違い。

f0014970_9232656.jpg

同じ土、同じ形でも釉薬が変わると、雰囲気は随分と違います。
こっちはこっちで刺激的な色あいでしょ006.gif




f0014970_9341413.jpg

普通に焼くと白のマット質な釉薬ですが、
登り窯の高温で焼くと、青みを帯びて流れます005.gif




f0014970_9491566.jpg

麺碗ですが丼碗としても良いサイズ。
写真はマグロとエビのアボガド丼です。
なんでも玉子がのっかってるだけで上機嫌の単純な僕です070.gif


『白チタン結晶釉麺碗』 ¥2,100

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp



----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-07 11:29 | 店長一号 | Comments(0)

不協和音な麺碗



f0014970_913685.jpg

麺碗の新色。
下地の釉薬に口縁には別の釉薬を重ね掛けという
麺用の碗としてはよく使われる手法ですが、
色の組合せが珍しい。

紅志野釉と伊羅保釉というとても馴染みそうもない二つの釉薬の組合せ。
目が覚めるような朱色と、侘びた雰囲気の灰釉。

当然、焼けてきた物には馴染んだ落ち着きなんてものはない。

でもこんな不協和音のような器も時にはいい。
調和のとれたものばかりじゃ退屈してしまう。

食卓にも刺激をっ!!



『紅志野+伊羅保麺碗』 ¥2,100


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-06 11:39 | 店長一号 | Comments(0)

夏のミステリー


今日はひねり造りの狸の変わったものをいくつか。

f0014970_13302214.jpg
                     洋介作7号ひねりあぐら狸  

信楽狸といえば徳利を持っているのが普通ですが
これはもともと酒買い小僧の狸が通帳と徳利を持って
お酒を買いに行く姿がモチーフになっているからで
徳利の酒は自分で呑むためのものではないのです002.gif

なので徳利は持っていてもぐい呑みは持っていないのが通常ですが
この子はがっつり呑んでしまってますね・・・
しかも座り込んで両手を広げて豪快に!
帰り着くころには徳利は空ってパターンですか009.gif
この後の帰ってしっかり怒られるシーンまで想像して下さい033.gif



f0014970_135598.jpg
                    一也作8号ひねり狸

杖をステッキに、傘をハットに変えたジェントル狸。
表情もこころなしかダンディズムです004.gif

そのねじねじのマフラーはもしかしてあの人?

しかし裸姿にステッキ・ハット・マフラーとは…
エロすぎませんか?012.gif022.gif






f0014970_14134072.jpg
                一也作ひねりかわり狸 種々

こちらはコミカルな姿の狸たち016.gif
「ゆる~い」文字を持ってる子も。


今回ご紹介の狸達はすべて手ひねりの一品ものです。
焼き上げはもちろんすべて登り窯。
変わった狸や特徴のある狸をお探しの方はぜひ!!
(特注製作もやってます049.gif)

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


----------------------------------------

夏になるとなぜか苑内で頻繁に見つけるのが、
カブトムシの頭だけの死骸!?
胴体はなく、中味のない空の頭だけが…025.gif

時にはそれが同じ所に10ほども転がっていることが。

いったい何者の仕業なんでしょうか?

ミステリーです。

ホラーです。


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2011-07-04 16:29 | 店長一号 | Comments(0)