信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大甕造り

来月、巨大登り窯に火が入ります006.gif
火入れは8月24日。8月23日の間違いでした。040.gif
そんな乾燥が間に合うのか?ってタイミングで大物のロクロ挽いてます011.gif

造っているのは鉢カバーやメダカの水鉢などに使える大甕。
今日はそんな大物ロクロの製作の様子を。001.gif

f0014970_17481242.jpg
まずは底の部分。
写真はひっくり返った状態です。
大物は挽いた後、ひっくり返しにくいので多くの場合、
高台は削り出すのではなくこのように先に作っておきます。
また底の部分ほど乾きにくいので乾燥・収縮のスピードをそろえる為に
この底の部分だけを先に作って乾燥させます006.gif


f0014970_17535530.jpg
次に練りつけ。
数日乾かしておいた底の部分に、太い土の紐を積んでいきます。
この練りつけがしっかり出来ていないと挽きだす時に失敗します。
伝家の宝刀を使ってしっかりと土のクセを取ります。



f0014970_1895056.jpg
水挽きするとこうなります。
これで底から半部ちょい。
大きなものは継ぎますので、同じ口径の底のないパーツをもうひとつひきます↓026.gif



f0014970_18105126.jpg
一日か二日おいてから継ぎますが、
こちらが継げる固さまで乾かしたものです。(3分クッキングみたい…)
継ぎ目は乾かないように湿らして布を巻いて、
片乾きしないように時々回しながら陰干しします。



f0014970_18204335.jpg
口部分にドベと細いより紐をのせて、
カメ板ごとひっくり返して口同士を接着ぅぅぅ!!!
口径もピッタシ!037.gif 



f0014970_18313052.jpg
上のカメイタを切り離し、
継ぎ目をロクロで挽きなおして、ならします。



f0014970_18355443.jpg
このまま口を仕上げても良いのですが、
今回はさらに口にヨリをたして、ひねり風の口造りに。
高台も最初に作ってあるのでこれで完成!024.gif

ホントはこんなサイズのものは数ヶ月かけてじっくり乾かしたいところですが、
火入れまであと一ヶ月切りました008.gif
あと5本ほど形を違えて造って、今回の登り窯に入れるつもりです。
間に合うのか、僕?025.gif


----------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-27 18:45 | 店長一号 | Comments(2)

メダカ鉢?


何年か前からのメダカの飼育ブームはすさまじいものがあります。
飼育しやすく、増やしやすく、眺めていると涼しげで癒されるのが人気の要因でしょう。
うちの会長もしっかりメダカの魅力に取り憑かれており、
毎年何百匹と増やしてはお客様やお子様に配っております(笑)
かくいう僕も頂いた楊貴妃メダカ をなんとか増やそうとせっせと世話しております016.gif

そして当苑にもよくメダカ鉢を探しにおみえになります。
しかしもともとメダカを飼う為の鉢という商品はなく、
睡蓮鉢を代用品としてお買い上げ頂いております。
睡蓮鉢は様々な形とサイズで豊富な種類がありますので、
飼われているメダカの数や置かれる場所の広さで好みの物が見つけやすいです。

今日は睡蓮鉢のなかからメダカを飼うのにおすすめの物を。

f0014970_1531146.jpg
直径31cmと比較的小ぶりでマンションでメダカを飼ったり、
産まれた子メダカを入れるのに最適サイズ。
産まれたての子メダカは分けないと親メダカに食べられちゃいますよ007.gif(コワイ…)




f0014970_166954.jpg
こちらは飛び鉋と丸紋様の施されたタイプ。
直径35cmで端整なフォルム004.gif
洋風のお宅でもサマになりそうです017.gif




f0014970_169028.jpg
こちらは直径39cmのすり鉢型。
高さもあります。
卵の産卵には深めの方が良いらしいので親メダカを入れて店内で飼っています。




f0014970_16273249.jpg

注意しないとぼーっと眺めていると、
あっという間に時間が経ってしまっています・・・012.gif


全て登り窯の焼締め品ですが、お買上げ頂いた方からはよく
「信楽焼の鉢に入れてからメダカが元気になった」と絶賛して頂いております001.gif
全面施釉のされた物に比べて気が通うからとか、
陶器は遠赤外線効果があるからとかといったちゃんとした理由は知りませんが
何はともあれウチの鉢でメダカが元気に育つってのは確かなようですよ~041.gif041.gif041.gif





↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-22 17:43 | 店長一号 | Comments(2)

インスタパック!


以前に修理していた「ビックリ・ドッキリメカ」の正体、
実は梱包機だったんです001.gif

当苑へは電車でお越し頂くお客さんもいらっしゃいますし、
大きな商品やたくさん御購入頂くと持ち帰れませんので発送もしております。
また陶芸体験の作品は作られた当日は持ち帰れませんので、
焼き上げ後受け取りに来て頂くかお送りするかになります。

しかし送る品物は割れ物ですので配達時に割ってしまってはいけません008.gif
特に登り窯の商品なんかは二つと同じ焼き味のモノはありませんし、
もちろん教室で作られた思い出の作品も他で替えはききません!

陶芸とは直接関係ありませんが、
お客様の手元に安全に作品が届くようにするのも焼き物屋の仕事です006.gif
なので出来る限り、配達時の破損を減らす為に、
エアキャップやニラマット等色々な梱包資材を駆使しますが、
なかでも一番活躍するのが修理していたメカから生み出される「インスタパック」004.gif

今日はそのインスタパックを使って陶器を梱包するところを。003.gif
f0014970_17151247.jpg
たとえばこの「尺一あぐら狸」を梱包してみましょう。


f0014970_1717361.jpg
インスタパックを使うとこれも必要ないぐらいなのですが、念のためエアキャップで包みます。



f0014970_17184786.jpg
そしてこの白いのがインスタパック。
A・B二つの液体が袋で混ざり合って膨らみます!005.gif
このみのサイズの袋で出せます。


f0014970_17215572.jpg
まずはコレを箱の底に敷き、品物を入れます。
これで下からの衝撃は大丈夫017.gif



f0014970_17243951.jpg
次に狸の周りにもインスタパックを。
するとゆっくりと膨らんでいきます。
なので品物の形に合った緩衝材が出来上がるわけです070.gif



f0014970_1728949.jpg
最後に上にも入れて、フタをすれば一丁上がり060.gif
どんな形の物でも安全に梱包出来ますし、
弱い力で膨らむので、圧力で品物が割れる事もない無敵の梱包器具です038.gif


インスタパックのHPはこちら
用途によっていろんな梱包システムがあるようですよ~


【金森洋介作 尺一あぐら狸】 H33cm×W28cm

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-19 18:47 | 店長一号 | Comments(0)

花器の種


f0014970_172997.jpg
ひねって造った花入れ。
特に何の形って訳ではなく、時々好きにひねります。
つくった時は意識してなかったけれど花を入れると、
ちょっと種みたいに見えます017.gif




f0014970_17441065.jpg
口は意識してたけど、
クチビルみたいになっとります012.gif



【宗作ひねり花入】 ¥8,000

↓商品に関するお問い合わせは下記まで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


----------------------------------------

昨日は恒例の苑内一斉清掃!
いつもは“草ひき”が中心の清掃ですが、
昨日は作業場の裏の溝が山からの土砂で埋まって機能してなかったので、
スコップ片手に大汗かきながら、掻き出し作業008.gif

そして屋外消火栓の点検も兼ねて、
f0014970_1756331.jpg



消火ホースで残った砂利を押し流し!
f0014970_1757546.jpg

すんごい勢いです005.gif
苑内の消火栓や消火器の存在や場所は分かってますけど、
使った経験がないと、実際の火事になった時には素早く対応出来ないなぁと思いました。
まあ、火事を起こさないのが一番ですが045.gif
新しい職人もいる事だし、良い消火訓練になりました004.gif


ああ、そうです。
花器・・・
火器・・・
またダジャレですが、なにか?(笑)
さあ、今日のブログでいくつの“かき”が出てくるか探してみよー♪041.gif


----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-12 18:46 | 店長一号 | Comments(0)

旅人が来たよ♪


今日は朝早くから時代劇専門チャンネルの
「龍ちゃん松ちゃんのぶらり探訪・東海道」という番組の撮影にお越し頂きました058.gif

原田龍二さんと松村邦洋さんのお二人が
東海道を日本橋から三条大橋まで順に旅するという番組で、
水口宿の前に当苑で登り窯のご見学と焼き物作りに挑戦されました001.gif

f0014970_13281727.jpg
今回お二人が挑戦されたのは「オリジナル狸造り体験」006.gif
職人が実際に一緒に作っていきながら説明します。
このカッコでの作陶も雰囲気があって良いですね~037.gif





f0014970_13303049.jpg
お二人とも真剣です!
見学の時には冗談なんかも言われてましたが作陶になると、
だまーって黙々と製作されてます。
それって・・・番組的には大丈夫なのか?(笑)

それぞれ御自分をモチーフにされた狸を製作されるようです。
さすが俳優さんとモノマネ芸人さんです、観察力と集中力が素晴らしい045.gif
指導にあたった職人の見本を参考に、
自分のオリジナルを組み入れながら手際良く作られます038.gif





f0014970_13304365.jpg

出来たオリジナル狸がこちら☆
あの・・・オリジナルすぎて狸の原型をとどめておりませんが008.gif
左が松村さんの。手に持っているのは皿にのったカレーらしいです001.gif
右の原田さんのは刀にちょんまげと、お侍風です004.gif

この後、乾燥させて施釉後、焼成します。
焼き上がりは、、、番組でチェックして下さーい071.gif


みなさんも、お二人のように個性的なオリジナル狸を作りませんか?
↓☆御予約・詳細はこちら☆↓
http://www.shigarakiyaki.co.jp/kyousitu/tanukitukuri.htm


----------------------------------------

現在、当苑では登り窯の焼成に向けて、製品を製作中です!
ご自宅や陶芸教室などで、製作されている個人の方やグループの作品の
持ち込み焼成も大歓迎です024.gif

次回の窯への受付は8月上旬までとさせて頂きます。
詳しくは↓こちら↓からお問い合わせ下さい040.gif

soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-09 17:58 | 店長一号 | Comments(0)

悪女な花


f0014970_18314395.jpg

店の隣に咲いている紫陽花。

アジサイの花言葉はいくつかあるようですが、ひとつは「移り気」。
咲き始めからだんだんと色を変えていく花だからだそうです。
変化を「移り気」と表現すると、節操のないという意味合いのあまり良くないイメージですが、
日々、変化していく事は決して悪い事ではないと思うのです。
昨日よりも、より美しい色へ。
僕もアジサイのように、昨日よりもより美しく……
違った!037.gif
より良い物造りが出来るよう、日々精進しまーす003.gif


アジサイには他にも「ひたむきな愛情」や「高慢」といった
ぜんぜん意味の違う花言葉があります。

うーん、この花が女性なら、
高飛車だけれど、時にひたむきに愛してくれる浮気性のツンデレ女子…

けっこうな悪女だな。047.gif


----------------------------------------

現在、当苑では登り窯の焼成に向けて、製品を製作中です!
ご自宅や陶芸教室などで、製作されている個人の方やグループの作品の
持ち込み焼成も大歓迎です024.gif

次回の窯への受付は8月上旬までとさせて頂きます。
詳しくは↓こちら↓からお問い合わせ下さい040.gif

soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-05 16:55 | 店長一号 | Comments(2)

☆new comer☆


7月になりましたね~001.gif
太陽も“サンサンと”って感じから、“ギラギラと”って憎たらしさに変わってきました058.gif

で、7月からというちょっと変則時期ですが、
昨日からの新人職人!!

f0014970_1348462.jpg

当苑では初の平成生まれ(!!)の大型ルーキーです035.gif
ただでさえ当苑の職人は僕をはじめ男前揃いですが、
(へ~、誰がというツッコミはおいといて…)
彼も見てのとおりの爽やかボーイです006.gif


陶芸の学校を卒業しているので陶芸歴は5年強ですが、
覚えてもらう事は山ほどあります!
しばらくは陶芸教室の仕事を中心に、
徐々に商品製作や登り窯の仕事なども覚えていってくれればと
暑くなってえらい事になってる苑内の雑草を眺めながら、
彼もこの雑草達のような超スピードでスクスク成長してくれよ~って願ってます041.gif


当苑の平均年齢若返り化を一手に背負った彼を(笑)
皆様も、どうぞあたたかい目で見守ってやって下さい040.gif


----------------------------------------

現在、当苑では登り窯の焼成に向けて、製品を製作中です!
ご自宅や陶芸教室などで、製作されている個人の方やグループの作品の
持ち込み焼成も大歓迎です024.gif

次回の窯への受付は8月上旬までとさせて頂きます。
詳しくは↓こちら↓からお問い合わせ下さい040.gif

soutouen@shigarakiyaki.co.jp

----------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-07-02 14:48 | 店長一号 | Comments(0)