信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『駛走の窯』 その2


年内の営業もあと一カ月となり、干支のモノの販売が好調です!001.gif
という訳で、
本日も来年の干支(午)に関する限定品「駛走(しそう)の窯」からの第二段です049.gif



【駛走】・・・・・・・速く走ること。疾走。


今年は定番の陶板や置物に加え、干支にちなんだこんなモノたちも作りましたー024.gif

f0014970_924689.jpg
                上田宗作 馬走印ひねり大鉢 限定50個

限定品はお客様にDMをお送りしてご紹介しておりますが、
実物を見て頂いたお客さんが驚かれるのがそのサイズ。
写真ではどんぶり程のサイズに思われるのですが、大鉢です!
写真で観るより直径約27cmと大きいのです035.gif

造りは紐作り。
成形に使ったのも手回しロクロと自分の手のみ。
(と、馬の印と高台の仕上げに木べら)
コテを当てたり、口を切りそろえたり、鹿皮で馴らしたりもせず、
プリミティヴな造りに。
“初心に戻ってシンプルに”ってやつです021.gif


f0014970_9243316.jpg
走っている様子をイメージして押した馬の印。
馬一頭にひとつの判ではなく、
頭・胴・足・尻尾のバラバラの判をそれぞれいくつか用意し
組み合わせて馬の動きをイメージしてます。

ぜひぐるり回して見て頂きたいのですが…



実は馬の中に一匹だけ「犬」をひそませてあります037.gif
御来苑頂いた方、ご購入頂いた方の楽しみにしておきます041.gif




f0014970_925030.jpg
           釘田誠史作 馬の目紋様フリーマグ(二ケ組) 限定50組

続いてこちらは、当苑としては新機軸な風合い006.gif
飴釉と織部釉を施したフリーマグの二個組です。

口径9cm、高さ10cmとお茶にコーヒーにビールに焼酎と
いろいろ使えるほど良いサイズのフリーマグです。




f0014970_9251646.jpg


なぜこれが干支のモノ?
って思われるかも知れませんが、
鉄絵で描かれたぐるぐる模様は“馬の目紋”と言います045.gif

骨董や磁器のお皿でこの模様はポピュラーなようですが、
土・釉薬・登り窯の焼き上げによる組合せで渋くてもモダンな仕上がりに006.gif

干支にちなんだ商品は縁起が良いという事で好んで使われますが
若い世代の方には馴染みがうすいのも確かです。
でもこういったデザインのモノならあまりエトエトせずに使って頂けます。
(エトエトってどんな表現や…)



鉢、マグどちらも数量限定です。
お歳暮の季節、贈りものにもお勧めです!
お早めに~071.gif


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-27 17:31 | 店長一号 | Comments(0)

「百壷の催し」へのたくさんのご参加、ありがとうございました006.gif

f0014970_17284927.jpg


幸い二日間とも晴れてくれて、
今までの秋のイベントの中では一番天気と気温に恵まれましたー006.gif
これも双頭蓮の効果でしょうか?
それとも僕の日ごろの行いが良いせいでしょうか011.gif

この和室の中に運び込んだ壷と・・・


f0014970_17291946.jpg
庭に展示した壷、内/外で鏡写しのように見えます009.gif
手前味噌ですが、カッコいい展示になったと思いますが…
運びこむだけでクタクタになりました008.gif
この後、またこれらを含む100本以上の壷を
片づけないといけないと思うとゾッとします020.gif


f0014970_17494313.jpg


まあ、それはさて置き、
とにかくいっぱい御来苑頂き、ありがとうございましたー040.gif



---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-24 17:49 | 店長一号 | Comments(0)

『駛走の窯』 その1


今回は最新の窯、「駛走(しそう)の窯」からの限定品をご紹介します001.gif


【駛走】・・・・・・・速く走ること。疾走。


f0014970_18454333.jpg

          上田健次デザイン干支飾陶板(大/中) 各限定150個 

まずは定番、干支の飾り陶板です006.gif
ちょうどお歳暮の季節という事もあり、贈り物に使って頂く事も多いです。
毎年それぞれ150個づつ焼きますが、売り切れ必死の人気商品です024.gif



f0014970_1759780.jpg
(大)は盛りあげて平面の陶板でありながら、立体的な表現に017.gif
躍動感満点です!


f0014970_17592325.jpg
(中)は彫り入れて馬を表現。
シャープな印象です021.gif


大・中どちらも今回の限定品の名前にぴったりの動きのある仕上がりです。
速そう!
強そう!!
今年も残り一カ月ちょいですが、これらの馬のように軽快に駆け抜けたいものです038.gif



f0014970_1846572.jpg
                   寿方作“巳”香合 限定50個

続いて灰被りでの焼きによる干支の香合。
桐箱入りです。

この写真のモノ、たまたま灰ののりと焼き味で顔が妙にリアルに037.gif



f0014970_17593721.jpg

香合はお茶のお道具で、
特に信楽の焼き締めのものになるとなんとなく敷居の高い品物に思われがちですが
今回の午はどこかコミカルなデザインでちょっとカワイイ016.gif

ちょっと木馬っぽい049.gif
(モクバって言っても白い宇宙船の事ではないですから 笑)



『駛走の窯』 その2へつづく…



そしていよいよ明日・明後日は、この「駛走の窯」も販売される
こちらのイベント↓


『百壷の催し』です。

宗陶苑、今年の秋のイベントは「百壷の催し」と題しまして、

・百壷展(信楽の壷をテーマに100点以上の壷を展示致します)
・窯出し市(干支のモノ以外も新製品を展示・販売)
・お抹茶の点て出し(気軽な喫茶形式です)
・窯元特製近江牛丼(モー♪)
・信楽歴史クイズ(少しはお勉強も・・・)
などなどを企画しております024.gif

紅葉の季節、窯元で穏やかなひとときをお楽しみ下さい060.gif

f0014970_1895011.jpg
今年は庭の紅葉もドンピシャです!070.gif


日時:11月23日(土)・24日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

どなた様もお気軽に楽しんで頂けます。
ご来苑お待ちしております071.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-22 18:33 | 店長一号 | Comments(0)

当苑では9~11月というのは、
秋の遠足・修学旅行の受け入れで年間通してもっとも忙しくなる時期なのですが
今年は同時に記念品の受注を大量に受けてしまって
さらに忙しさに拍車がかかっております017.gif017.gif
ありがたいことです!024.gif

その大量の注文を受けた品物というのが、
以前にもご紹介したタタラ合わせのマグカップ063.gif

f0014970_16511912.jpg

以前ご紹介したものとは、土と釉薬の違うバージョンでご注文頂きました。
(と言うより、以前のは登り窯での焼き上げ品で、納期的に無理なので…)


まあ、大量と言っても何万って数ではなく、数千個っていう数量ですが
それでも手作業の工房ですので、てんやわんや状態です035.gif



今日はこのマグの製作をご紹介します。


f0014970_16485232.jpg
まずはタタラ(土の板)を作ってあらかじめ用意した型紙に合わせてカットします。



f0014970_16492462.jpg
次に円柱状の石膏に合わせてタタラを巻いていきます。
合わせ目にはドべを付けて、しっかり接着します。

ドべ……同じ土を柔らかく溶いたモノ。ノタとも言う。



f0014970_1649486.jpg
ハンドルの接着部分にもドベを。
ちなみに合わせ目がボタン留めのように見える丸模様は
細筆の反対側を使って押してます026.gif



f0014970_16501627.jpg
そのままハンドル部分を曲げて接着049.gif
タタラが乾きすぎてると曲げた部分がひび割れますし、
柔らかすぎるとハンドルの形が維持できません。
乾燥のタイミングがとてもシビアなんです034.gif



f0014970_16504675.jpg
次に底部。
こちらもタタラから円状に切り出します。
前に高台の削り出しでプリンの空容器をご紹介しましたが、
今回も円を切り出すのにゼリーの容器が活躍037.gif
100パーセントです!041.gif



f0014970_16521557.jpg
底もドベを使って接着後、余分な土を切り落として完成♪
乾燥はゆっくりがポイントです006.gif



f0014970_16524014.jpg
焼き上がりー006.gif
赤土と深緑海鼠釉の組合せ。
これもなかなかイイ感じ016.gif


通常、当苑の製品はたいていひとつの製品に対して作り手は一人。
例外として定番でやっている「オットドック」や、
頻繁に注文のある商品については複数人が作れるようにしておりますが
同時期に同じモノを何人もかかって作るという事は珍しいです。

でも今回は数量と納期の関係で、
メインの作り手以外に3人がこのマグ作りにあたっております。
そしておもしろい事に、同じ厚みのタタラ、同じ型紙で作っているはずなので
4人が作ったモノは同じものになるはずなのに
それぞれが自分なりに少々型紙をいじったり、
好みの接着のタイミングがまちまちだったりで
出来上がってくるモノにもそれぞれ特徴があります001.gif



---------------------------------------

『百壷の催し』のお知らせ。

宗陶苑、今年の秋のイベントは「百壷の催し」と題しまして、

・百壷展(信楽の壷をテーマに100点以上の壷を展示致します)
・窯出し市(干支のモノ以外も新製品を展示・販売)
・お抹茶の点て出し(気軽な喫茶形式です)
・窯元特製近江牛丼(モー♪)
・信楽歴史クイズ(少しはお勉強も・・・)
などなどを企画しております024.gif

紅葉の季節、窯元で穏やかなひとときをお楽しみ下さい060.gif

日時:11月23日(土)・24日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

どなた様もお気軽に楽しんで頂けます。
ご来苑お待ちしております071.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-19 17:43 | 店長一号 | Comments(0)

百壷の催しのご案内☆


信楽は紅葉には時期的にまだ早いのですが、
なぜか当苑の裏山だけは毎年早く色づきます005.gif

f0014970_16513622.jpg
陶芸教室前の紅葉は今が見ごろ001.gif
仕事を忘れて見とれちゃいます♪
(オイオイ…)

この山は例外で他は今月下旬あたりが見ごろでしょうかねぇ。
なぜでしょう?
日当たりとかモミジの種類とかで早いのでしょうか039.gif


さて、そんな紅葉の時期にぴったりと合わせて、
宗陶苑、秋のイベントのご案内です!


今回は「百壷の催し」と題しまして、
“信楽の壷”をテーマに展示致します001.gif

また、今回窯出しした登り窯は「駛走(しそう)の窯」と名付け、
来年の干支“馬”にちなんだモノをたくさん焼きましたが
そのお披露目もおこないまーす036.gif


そして当日は他にも・・・

・窯出し市(干支のモノ以外も新製品を展示・販売)
・お抹茶の点て出し(気軽な喫茶形式です)
・窯元特製近江牛丼(モー♪)
・信楽歴史クイズ(少しはお勉強も・・・)

などなど盛りだくさんです058.gif

f0014970_16583229.jpg
前回の窯焚き中に破れた壷も含めて…
100種以上の壷が展示されるこのイベント、
ぜひぜひお越しくださいなー024.gif


【百壷の催し】
日時:11月23日(土)・24日(日)
   10:00~16:00
場所:登り窯 宗陶苑 
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
  TEL 0748-82-0316
soutouen@shigarakiyaki.co.jp





皆様の御来苑、お待ち致しております040.gif


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-10 17:21 | 店長一号 | Comments(0)

のべ皿と仮面


『ブログの更新くらいは出来る余裕を持つのが、“できる大人”ってものですね』

前回の投稿でうそぶいた僕のセリフです…042.gif
前回の更新からはや10日以上……
どうやら僕は“できない大人”だったようで~す011.gif


さて、気を取り直して!
今日は新作ののべ皿をご紹介001.gif



f0014970_15524850.jpg

ロクロで円柱をひき、それをやわらかい内に二つに裂いて長方皿にしてあります。

と言っても、言葉では分かりにくですよね…
しまった!
製作時の写真を撮っておけば良かった008.gif
機会があればその時は必ず!!


この青磁釉の他に、



f0014970_1553688.jpg

灰釉バージョンも006.gif


どちらも登り窯での焼き上げですので、それぞれ個体によって表情が異なります。
どちらの釉薬も土の質感を生かす釉で、いい感じ038.gif






f0014970_15532236.jpg

ロクロでひき出した質感と指跡がなんとも荒々しく、
櫛目と釉溜りと相まって
間延びしそうなデザインになりがちの長皿に躍動感のある動きをもたらします016.gif


どんな料理を盛りますか~?


f0014970_15533973.jpg
今日のまかない、一口コロッケ045.gif



【釘田誠史作45cmのべ皿】 


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------


イタリアのお土産に頂いた仮面(?!)
なぜかピンクっ!!!!
ヒゲ面の僕が付けた姿はまるっきり
ヘンタイでした…


f0014970_1673475.jpg

誰かこれをかぶって行けるようなパーティーを企画してくださいな037.gif


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2013-11-03 16:38 | 店長一号 | Comments(0)