信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


当苑のweb shopでも取り上げております「しのぎ天目茶碗」。(こちら)

もともとは
『お稽古用の安価なものとは違い一手間を加え、かつ存在感のある抹茶碗を
なるべくおもとめ易い価格で提供する』
っていう目的で以前にいくつか製品化したものの一つで
当時は10種ほどを同時発売致しました。
大半の種類は完売後、手がかかることもあり新たに作ることはなかったのですが
人気の高かったこの商品は現在も定番として作り続けております006.gif

そして今回、
もともとはガス窯で焼成しているこの商品をのぼり窯でというご依頼を頂き
「登り窯で焼いた事のない釉薬ですから、どうなるか分かりませんよ」
と念を押して、焼成致しましたー029.gif



f0014970_11505738.jpg

ガス窯で焼いた場合は漆黒の天目釉。
のぼり窯分は雰囲気のある赤銅色に017.gif
どっちもすてがたい~037.gif


f0014970_11511862.jpg
内側は天目釉の上に別の釉を重ねて
独特の模様と釉調をだしておりましたが、
のぼり窯バージョンもまた引き込まれそうな風合いに!043.gif
どれも同じ釉薬を施釉してますが、
登り窯に詰めた場所によってそれぞれ色合いはまったく違います005.gif

持って眺めているだけでもうっとり001.gif


f0014970_11513439.jpg
でもやっぱりお茶が入っている方がうっとりです016.gif016.gif016.gif




↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-03-22 17:35 | 店長一号 | Comments(0)

灰被りの手洗い鉢【小】


今日は前回に引き続き、灰被りの手洗い鉢で
口径25cm前後とサイズの小さなものばかりを。

こちらもいくつかの御注文と、在庫でこのサイズがひとつもなかったので今回焼きましたが
作ろうと思う幅と深さとフォルムに製作方法が決まっていれば、
使い勝手を考えるとあるていど完成のイメージは固まってしまいます。
薪窯による焼き味で色味は様々になるとは分かっていても
よりそれぞれ違ったものにして、選ぶ楽しみも味わって欲しいと思います012.gif

なので製作時に気にしたのは、口縁の処理と側面のロクロ目。
今回ご紹介する3点も違った仕上がりにしてますので
焼き味と共にそこにもご注目下さいなー041.gif


f0014970_1320383.jpg
まずは信楽焼らしい火色の風合いに焼き上がったこちらは深く大きなロクロ目。
製作時のロクロびきで外側に当ててる指なり関節なりを立て気味に当ててやります。
手入れのし易さを考えて、内側のロクロ目はなるべく浅くしてあります。
口の処理は壷でやるような“えぐれ”処理で、斜めに落としてます009.gif




f0014970_13205444.jpg
続いてビードロの流れがダイナミックなこちら005.gif
前回のものと同じく、口縁を折り返した造りです。

f0014970_132181.jpg
ロクロ目は大きいですが、
指の腹を寝かせて当ててひいてますので、エッジのない柔らかな風合いに。

ロクロの横の流れと、焼成時に自然釉が動く縦の流れ・・・
時間を切り取ったようなすごく「動的」な焼き上がりです070.gif





f0014970_13212435.jpg
最後は端正な造りを意識したこちら。
プレーンな口の処理と浅いめのロクロ目で
上の二つと比べると「静的」でありながらも
のぼり窯ならではな迫力のコゲとビードロで力強い仕上がりに!066.gif


ん?
なにか付いてるぞ・・・

・・・

f0014970_13213931.jpg
これは窯の壁(ヘキ)。
窯焚き時に崩れ落ちた窯の内壁が、燠をおこした際などに作品にくっついたものです。
焼き上げ後、削って外すことも可能ですが
これも景色のひとつとして残しておきました043.gif
なんかちょっと竜っぽく見えません?
ドラゴーン037.gif

ご購入頂いたお客様も付けたまま使って頂けるようです041.gif



【上田宗作手洗い鉢】 ¥28,000~  


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-03-19 17:03 | 店長一号 | Comments(0)

灰被りの手洗い鉢【大】


今日はあたたかくものすごく良い天気058.gif
小学校の陶芸教室作品の着希望日を聞いていると
今日が卒業式の学校も多いみたいで良かった♪
おめでとうございます!!038.gif


さて、今日は灰被りの手洗い鉢。
遠方から探しに来られるお客様もあり、定期的に製作していますが
毎日手や顔を洗う際に目にするものだけに、使われる方のこだわりも強い商品です。
お目当てのサイズや焼き味の物がない場合は、
しばらくお待ち頂いて製作することも多いです。
今回ののぼり窯でも注文品含めてたくさん焼きましたよー006.gif
今日はその中でも口径が42cm以上の手洗い鉢としては大きなサイズのものをご紹介003.gif

f0014970_1623255.jpg
まずはこちら!
シンプルな形状ですが、
コゲも火色もビードロもバランスよくお気に入りです001.gif



f0014970_16231682.jpg
続いてこちらは少し高さの深いタイプ。

今回いくつかの手洗いでやったのが、この口縁を折り返して厚みをもたせる処理。
変化をつけるために小物では時々やってたのですが、
見た目にも重厚感が増すし、
厚い分、強度も上がるだろうし手洗いにも向いてるかな。
またやろう!017.gif




f0014970_16233171.jpg
そして残念ながら、なかにはキズのあるものも出ちゃいます・・・。
しかもたいてい良い焼き味になったものほどキズが007.gif
これの場合は写真左上の口縁と排水口にキレが。
耐水性のパテで補修して販売してます(もちろんその分値引きして 笑)049.gif




f0014970_16234554.jpg

こちらはかなり動きのある形に。
そしてたまたまですが、変わった形のコレがまた変わった色合いの焼き上がりに005.gif
内側の緑釉とのコントラストがまた016.gif

同じ窯で焼いても何一つ同じ景色には焼き上がらないおもしろさを実感いたします。
また焼く度に新しい景色に出会えることが素晴らしい001.gif


次回は同じく手洗い鉢で、小ぶりなのをご紹介します071.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-03-17 17:15 | 店長一号 | Comments(0)

総焼き〆の狸


今回の登り窯ではお客様の特注による狸も窯詰めしてありました001.gif

f0014970_11133936.jpg

当苑の狸は製品の種類によって肌がおなじみの黒い釉薬のモノ、
肌は焼き締め火色で目や腹等は釉薬により色付けしてあるモノが定番であります(こちら)
そしてそれらとは別で灰と化粧で色付けしたレトロ狸などもあります003.gif

でも、本体すべてが焼き締めと言うと、灰被りによる狸を稀に一点もんでやるくらいです。
今回は「すべて火色の狸で」って注文でしたのでいくつかを特注により製作006.gif



f0014970_111493.jpg
見慣れないので窯から出てきた時は少し驚きましたが、
これもなかなか趣があってイイもんです049.gif

ひねりによる1点製作で、目や腹などに色が入っていない分
まるで彫刻のように造形としての狸を楽しめるますね066.gif

通常、狸の通い帳には「通」の文字が入っておりますが
これには「友」と入っております。
これも特注ならでは039.gif



f0014970_11142259.jpg
親子狸も。
母タヌキと子タヌキのサイズ感がカワイイ016.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp



---------------------------------------

まもなく消費税が8%になりますね。
車の販売をしている友人などは今月は大忙しらしいです(羨ましい…)
当苑ももちろん梱包資材や原料などの確実に使う物の買い貯めをしています037.gif

この間知ったのですが、商品を買って支払いが済んでいても
受け取りが4月を過ぎていると法律上は差額分を受け取り時に支払わないといけないらしいです。
、と言っても現在ご注文を頂いている商品や陶芸教室の作品の受け取りが4月になったからと言って差額を頂くつもりはございませんのでご安心を001.gif

ただ消費税だけでなく年々原材料や燃料費(ガスや薪)も値上がりしております007.gif
申し訳ございませんが、4月1日より一部の商品の価格と陶芸教室料金が変更になります。
価格改定後も変わらぬ御愛顧をよろしくお願い致します040.gif


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-03-13 16:54 | 店長一号 | Comments(0)
窯出し中で、順次いろいろ出てきてます006.gif
今日は窯出しされた製品の中から花器ばかりをいくつかご紹介。

f0014970_11395687.jpg
                     【服部津作舟型花器】


まずは製作中をお伝えした(こちら)舟型花器。
“泥船”なんて言ってゴメンなさい・・・
かなりしっかり焼けてまっす!


f0014970_1140719.jpg
中には入れた枝を納めやすいように別パーツで穴の空いた枝止めも。
また、船の前後にも天井から吊るせるように、紐を通すための穴も005.gif





f0014970_11402189.jpg
                      【釘田誠史作寸胴花入れ】

続いてこちらは寸胴の花入れ。
こういったシンプルな花入れは入れる花や枝を選ばず、
洋花にも気軽に使えるのでひとつあると便利ですよー056.gif

しかも本体の下部は面取り、上部はロクロ目と変化をつけておりますので
一粒で二度おいしい♪


f0014970_11403220.jpg
寸胴花入れは以前から定番で製作しているモノですが、
今回あらたに焼いた分はこれも背面に穴を作って、吊るしたり壁掛け使用が出来ます。

すべて焼き締めでたくさん焼きましたので、今が選び放題です029.gif




f0014970_1140447.jpg
                      【金森洋介作狸花入れ】

続いてこちらは変わりダネ009.gif
ひねり狸の花入れです037.gif

これも無釉の焼き締めですが、
狸のお腹を白くだすために腹部に道具土をあてて焼かれてます。
ねらいどおり(どうだっって言わんばかりに両手を広げて)、
きれいに白く抜けて焼けました049.gif

「かかって来いや~」って言ってます(笑)
こちらは一点モノですのでお早めに~041.gif


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp



---------------------------------------

f0014970_178535.jpg
先日、ここへ厄払いに行って来た。
伏見稲荷。
前厄ですから015.gif

ちゃんと払ってきた。
これで何か悪い事がおこっても、僕のせいじゃありませんから。
コンコン037.gif

f0014970_17102771.jpg
それにしても、こんな写真が簡単に撮れちゃう最近のケータイはスゴイねぇ038.gif



---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-03-06 17:13 | 店長一号 | Comments(0)