信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひだすき


f0014970_15392533.jpg

天気が良かった週末、六甲山へ。
日本の秋は美しい。
四季の中ではやっぱりこの時期が一番好き。
10月生まれなのも関係あるのかもな~039.gif


---------------------------------------

さあ、今日は“ひだすき”。
f0014970_16534164.jpg
緋襷・・・無釉で焼き締める製品に藁を巻きつけ窯詰めし、線上に緋色の発色を促す技法。
やはり備前焼で多くみられる技法ですが、
このように信楽土との相性も抜群ですので
当苑では様々な種類の製品で用いております。



f0014970_17141174.jpg
他産地に比べ当苑の登り窯の焼成温度はずっと高いのですが、
緋襷は温度が高すぎるとあまり良くない事が多く
窯内の中でも比較的温度の上がりすぎない、
緋襷がきれいにとれるところをねらって窯詰めします006.gif


f0014970_14312823.jpg
もともとは皿などを重ねて焼く際に作品同士がくっついてしまわないように
間に藁をはさんで焼いたのが始まりかと思います。
現在ももちろんそういった目的で藁を使うこともございますが、
これらの製品は藁で得られる線もデザインのひとつと考え
焼き上がりを想定して藁も巻いていきます001.gif



f0014970_14315537.jpg
窯出し前の緋襷煎茶器。
不思議なことに大量の薪をどんどんくべて、
窯内は1300度にもなるというのに巻いてた藁は白く残っているんですね017.gif



f0014970_14321964.jpg
藁と反応して得られる鮮やかな緋色、
炎で得られる火色ともまた違った色合いです。

今回の窯でも定番・新作合わせ様々な“ひだすき”製品を焼きました。
信楽土むきだしのザックリとした土肌と
藁が描く茜色の線模様は器に奥行と立体感を加味します038.gif

10月もあと少し、秋の遠足・修学旅行の受け入れも折り返し。
毎日たくさんの子供たちに囲まれてバタバタしておりますが
心にもしっかり“たすき掛け”をし、気をゆるめぬよう参りたいと思います071.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-10-21 16:57 | 店長一号 | Comments(0)

月白色の・・・


こんにちは。
またまた台風ですね007.gif
信楽もとても強い風が吹荒れております025.gif
連休の最終日ですが、これではお客さん来ないやろな~
って思ってたらちらほらとですが、お買い物や陶芸教室にお越し頂いてます!005.gif
ありがたい!
でも、お帰りはくれぐれも気をつけて下さいね~029.gif

さて、今日の新製品は・・・

f0014970_1312085.jpg
21㎝×14cmの長方皿。
これはとても使いよいサイズ。
たとえば・・・焼き鳥5本とか(居酒屋気質037.gif)

釉薬を違えて2パターンを焼きました。
こちら↑は「月白釉」。
“月白色”(つきしろいろ)って色があるんですね~
・・・月の光をイメージさせるわずかに青みを帯びた白色
日本古来から美しく厳かなものとして愛されてきた
月のあでやかな淡い色をモチーフとしている

まあ、登り窯での焼き上げですので一枚一枚色合いは異なりますが、
確かにどれも月の光のような色に見えてくるから不思議です039.gif


f0014970_13121264.jpg
もう一色はこちら。
赤土に白化粧掻き落としに透明釉という定番カラー。
こちらもイイ♪001.gif




f0014970_13123860.jpg
こちらは実はご注文頂いて製作したもので、
大阪は北新地の「ぼうず」っていう料理屋さんからの御依頼。
ここののどぐろ(高級魚!)は絶品で、お酒がすすむすすむ♪016.gif

そしてなんとこちらの店主は僕と同い年のイイ男!
同年代ががんばっていると、僕も気張らないとって気になります。
なのでたまに様子を見に(呑みに 笑)行って、元気をもらってます011.gif


【服部津作櫛目長方皿】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


まだまだのぼりでの新製品は続きます☆
お楽しみに~043.gif


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-10-13 14:46 | 店長一号 | Comments(0)

おっちゃん・・・


こんにちは。
信楽は台風、過ぎ去ったようですね。
去年の秋の台風には土砂崩れで当苑もけっこうな被害をこうむったので
「大きい!強い!」ってテレビなどで報道されると
また何かやられないかとびびってしまいます033.gif

f0014970_833685.jpg
昨日までは店の傍らで蜜柑色の絨毯を敷きつめて、
あまーい香りで楽しませてくれていた金木犀も強烈な風で吹っ飛んじゃいました044.gif

でも!
さすがに今日はお客さん少ないだろうけど、元気に営業しておりますよ♪058.gif


という訳で、登り窯で焼けた商品紹介です024.gif
f0014970_8525223.jpg
                    【西山信義作焼き締め小茶碗】

焼き締めの小ぶりな飯碗に新商品の追加です!
高台の高い造りで指が入りやすく、
手に馴染むサイズで持ちやすい飯碗です001.gif
小ぶりで立ち姿がすっきりしてるので、小鉢として使っても♪006.gif



f0014970_8591728.jpg
                    【服部津作かしわ葉一輪挿し】

定番のかしわ餅を模した一輪挿し056.gif
しばらく品切れ状態でしたが補充完了です021.gif

窯が大きいと焚くサイクルが年に数回とどうしても長くなり、
売り切れた商品の製作・焼き上げには時間がかかってしまいます。
大きな窯はそういった小回りが利かないところが弱点ですが、
(規模の割には)少ない薪で焼け
大きな製品から小さな製品まで
また写真でも分かるように火力や雰囲気が様々な物が一度に焼けるのが利点でもあります。



f0014970_9114816.jpg
                    【釘田誠史作焼締め珈琲碗】

新作です006.gif
形はもちろん、土と釉薬も初登場のこちらは
煎餅のようなソーサーがポイントです017.gif


f0014970_9131044.jpg
荒めの長石・珪石をふくんだ土ですが、
思いのほか固く焼き締まる土なうえに
内側に薄紫の釉(写真では緑に見えちゃってますが 汗)が施してありますので
普段使いでガンガン使っちゃって下さい!029.gif



f0014970_9142590.jpg
                     【西山信義作櫛目プランター】

先日、誕生日にとても立派な花を頂いたので、焼けたばかりのこちらへ016.gif
シンプルな櫛目模様と素朴な焼き締めの鉢は
洋花をいれても際立ちます060.gif043.gif

僕もとうとう40歳になってしまったので、
これからは体験教室の子ども達に「おっちゃん」って呼ばれても
「カッコいいお兄さん!」って訂正させるのはもうやめよう・・・012.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-10-06 15:40 | 店長一号 | Comments(0)