信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

限定品『洋々の窯』


こんにちは058.gif
今日は今回の限定品、『洋々の窯』のご紹介006.gif

f0014970_9455693.jpg
                  【上田健次デザイン干支飾陶板】

毎年この時期の限定品は干支のものです。
来年の干支、“未”のモノをいっぱい焼きました003.gif

まずは例年人気の陶板。
大・中、それぞれ150枚づつの限定です。
「暮れのご挨拶」にもよくご利用頂きます001.gif


f0014970_946815.jpg
登り窯での炎の当たりで1点1点異なります。
「中」は彫りによるほんわかヒツジ016.gif



f0014970_9462055.jpg
「大」は盛り上げによる雄々しいヒツジのデザイン。
シャープなラインで描く曲線が
一見優しいけれど、芯が強い羊の生態をよく表していますね017.gif
これは未年生まれの方の特徴でもあるらしいですよ~037.gif



f0014970_9463252.jpg
                  【上田健次デザイン干支置物(小)】

こちらは新機軸009.gif
当苑では干支の置物としては大きなサイズのものを中心に製作しておりましたが
昨今の住宅事情もあってか、
小さなモノをと御要望頂く事が多いので製作致しました手のひらサイズ045.gif

f0014970_946434.jpg
小さくてもひとつひとつの手仕事で
ハンドメイド+薪窯焼成ならではのやさしい手触りと質感です029.gif



f0014970_94702.jpg
                   【上田健次デザイン干支置物(大)】

対照的にこちらは大きなヒツジ035.gif
白い釉薬は今回初めて登り窯で使ってみた(ぶっつけなのでドキドキ)025.gif
スポンジにたっぷり釉を染み込ませて、
ポンポンと叩いて乗せていく施釉方法で
のっぺりならずに独特の風合いに001.gif


f0014970_9471250.jpg
まるでソフトクリームのようなデザインと質感016.gif

今晩はヒツジいっぱい数えたからすぐ寝れるやろなぁ032.gif



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-11-28 17:33 | 店長一号 | Comments(0)

『洋々の催し』


イベント「洋々の催し」にはたくさんの御来苑、
ありがとうございました016.gif
宗陶苑のイベントにはめずらしく(笑)、二日とも晴れ!!058.gif
冬が近づいているのを忘れさせるような陽気でした006.gif

今日はその「洋々の催し」の目玉“宗陶苑の歩み展”から
作品の一部をちょこっとだけご紹介049.gif
f0014970_13275990.jpg
当苑の新旧いろいろと、
かかわりのあった作家作品を一堂に並べるという企画。
もう亡くなっている偉大な作家の作品や
なかには皇室の方がお見えになった際に作陶された品などと一緒に
現在の我々の作品とが同じ場所に並ぶという恐れ多い展示です037.gif


f0014970_13325436.jpg
熊倉順吉作のオブジェ。
前衛陶芸家集団「走泥社」のメンバーで
jazzの世界観を陶芸を通して表現するというアーティスト039.gif
氏は当苑とは特に関わりの深い作家です。
長きにわたり当苑の顧問も務めて頂き、
現在でも受け継いだ釉薬レシピを施した食器なども製作しております001.gif



f0014970_1426168.jpg
同じく「走泥社」の八木一夫氏の作品も。
花器やレリーフ、ぐいのみ等を展示致しました。
今みてもどこかオシャレやわ~001.gif



f0014970_15343080.jpg
四代目 上田直方の作品たち。
信楽焼で初の滋賀県指定無形文化財に認定された人物で、
もともと当苑の登り窯はこの四代直方から譲り受けたものなのです035.gif



f0014970_15445483.jpg
前回のイベントには大壷を展示していた庭には・・・



f0014970_15454195.jpg
上田健次作のこんなオブジェが005.gif
パズルのように組み合わされた陶板で組まれた作品。
もちろん貫かれた角柱部分も焼き物です。
庭に設置したことで、どこか日時計を思わせます041.gif


新旧、色々を取り合わせた展示。
窯元ならではのおもてなし、
お越しの皆様にもお楽しみ頂けたのなら嬉しいです043.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-11-27 16:51 | 店長一号 | Comments(0)

灰被りの植木鉢


灰被りの植木鉢001.gif
f0014970_931563.jpg
こちらは紐作りですが、ろくろのモノも含め形サイズまちまちで10点程を製作しました。

本来、植木鉢を窯の特等席にあたる灰被りで焼くというのは御法度008.gif
なぜなら以下のような理由で・・・

①このように内側までしっかり灰がのって焼けてきても
使用の際には土を入れて草花に大半が隠れてしまいますからもったいない。
②基本、外で使う物なのであまり高級な物は破損や盗難の恐れがある。
③海外品や量産陶器も多くあり、
お客様も土にまみれる植木鉢にはあまり高額な物を求められないし、
売り手にとっても売りずらい
・・・などの理由があげられます007.gif

窯の中では非常に限られた少ないスペースの灰被り、
同じ焼くなら植木鉢より一般的に評価の高い水盤や壷、茶道具を焼け。
、ってことなんでしょう013.gif

しかし、灰被りがもたらす自然のコゲやビードロって風合いは
花や草木との相性もよく、お互いを引き立てあってくれます003.gif
それに今回は灰被りで植木鉢をって御依頼を頂いた事もあって、製作した次第です029.gif



f0014970_932890.jpg
こちらはロクロによるものですが、
窯詰め時スペースの有効利用のため、内側に藁と一緒にビアマグや茶碗を入れて・・・
すると↓

f0014970_93424.jpg
このように038.gif
緋ダスキやめあとも景色に049.gif

中央の水抜き穴以外に、小さな穴をいくつか開けてあるのは
背のある植木を入れる際に穴に針金を通すためのもの。
根を針金で縛って倒れにくくする訳ですね027.gif
底辺を広めにとってありますので、
寄せ植えや盆栽鉢にぜひ!


f0014970_93533.jpg
「これぞ信楽!」って感じの焼き上がり016.gif
コゲの迫力、ビードロと火色の色味の多彩さが
あらくたい僕のロクロでも、存在感たっぷりにまとめあげてくれます011.gif
窯の神様に感謝!!006.gif


【上田宗作灰被り植木鉢 種々】


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp



---------------------------------------
『洋々の催し』のお知らせ。

宗陶苑、今年の秋のイベントは「洋々の催し」と題しまして、
新旧様々な製品や当苑とゆかりのある作家作品を展示する“宗陶苑のあゆみ展”を中心に
・窯出し市(最新の窯からの作品を展示いたします)
・窯元特製 近江牛丼(うまいっ!)
・登り窯 窯焚き三種競技(薪くべ競技、薪の重さ比べ、薪束ね競技)
などなどを企画しております024.gif

紅葉の季節、窯元で穏やかなひとときをお楽しみ下さい060.gif

日時:11月22日(土)・23日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

どなた様もお気軽に楽しんで頂けます。
ご来苑お待ちしております071.gif

---------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-11-20 16:52 | 店長一号 | Comments(0)

似顔絵犬


御依頼をうけて、お客様のペットの置物を製作致しました003.gif
f0014970_180865.jpg
似顔絵人形ならぬ、似顔絵犬!!
愛犬のお写真をいくつかお借りしての製作です。

そういや以前にもこういった御依頼があったなぁ
、と過去記事をさかのぼると・・・
やっぱりありました!006.gif
こちら
犬種は違うけれどやっておりました041.gif


f0014970_1802195.jpg
人間の顔を似せて焼き物を作るのも難しいのに、
愛犬に似せてってなると難易度が042.gif




f0014970_1803348.jpg
作者を違えての数体製作。
黒と白の毛色の違いを上の物は土を違えて、
こちらは釉薬で違えてあります。
毛並みの入れ方等にも作者の個性が出ますね~037.gif



f0014970_1804467.jpg
フットプリント柄の首輪016.gif

あー、犬飼いたい!(←マンション住まいの犬派 笑)


---------------------------------------
『洋々の催し』のお知らせ。

宗陶苑、今年の秋のイベントは「洋々の催し」と題しまして、
新旧様々な製品や当苑とゆかりのある作家作品を展示する“宗陶苑のあゆみ展”を中心に
・窯出し市(最新の窯からの作品を展示いたします)
・窯元特製 近江牛丼(うまいっ!)
・登り窯 窯焚き三種競技(薪くべ競技、薪の重さ比べ、薪束ね競技)
などなどを企画しております024.gif

紅葉の季節、窯元で穏やかなひとときをお楽しみ下さい060.gif

日時:11月22日(土)・23日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

どなた様もお気軽に楽しんで頂けます。
ご来苑お待ちしております071.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-11-15 12:46 | 店長一号 | Comments(0)

草写し八寸鉢☆


今日はひとつの新作を掘り下げて006.gif
f0014970_15465827.jpg
今回の登り窯で焼き上げた八寸鉢。
和食器ながらにビビッド!
いつもの食卓が華やぎます058.gif

土肌部分と施釉部分の掛け分けによる鉢ですが、
これひとつにもかなりのポイントとなる見所が詰め込まれてあります001.gif



f0014970_15471584.jpg
まずは“貝め”。
器を重ねて焼く際などに、
器同士がくっつかないように間に貝をかませて焼いたりしますが、
貝が土と反応して接地していない部分にもふんわり変化が見られるので
重ねて焼いてませんが、アクセントにそれをねらって009.gif



f0014970_15473368.jpg
そして蚊帳目と草の葉を土肌にプリント。
たっぷりと施した織部釉の下でも模様が濃淡であらわれるので
蚊帳目→草のプリント→釉薬部分と器の面に奥行きをみせています027.gif




f0014970_15474965.jpg
織部釉の深く沈み込むような緑。
って言うか碧。
この「碧」って字、「あお」とも「みどり」とも読むんですって005.gif
まさしくこの字のような碧です037.gif



f0014970_1548258.jpg
ベタ底でなく、付け高台。
腰の部分と高台が一体成形のような形状で、
プレーンな土肌と蚊帳目の土肌、両方が楽しめます038.gif
分かれ目の段差は写真のように釉が底まで流れるのを防ぐ効果も049.gif
重心が下にあり安定感もバツグンです。



f0014970_15481528.jpg
対して口縁は丸すぎず尖りすぎず自然なラインで045.gif

一点で様々な見所が詰め込まれたこちらの商品、
手造りの焼き物を楽しむ為の「入り口」としてもおすすめです041.gif


【釘田誠史作 草写し八寸鉢】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp



---------------------------------------

そしてこちらの器の作者、現在信楽で個展中です006.gif
当苑からも近いギャラリー「陶夢」さんで。
陶夢さんのページはこちら
靴がいっぱいです016.gif
あわせてどうぞ~041.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2014-11-08 16:16 | 店長一号 | Comments(0)