信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

上田健次のうつわ


前回、上田健次の作による透光性陶土を使った照明作品をご紹介しましたが
今日は同じ作者の器をご紹介します。

f0014970_14394286.jpg
当苑の中でも非常に幅広い知識に富んだ作家で
器でも様々な釉薬と土の組み合わせで楽しませてくれます024.gif


f0014970_14395970.jpg
形状は使い勝手の良いシンプルなものながら
それぞれの土を多様な釉薬で引き立たせている作品たち。
さすがは“クスリの魔術師”と(僕が勝手に)呼ばれているだけはあります038.gif

f0014970_14405794.jpg
模様入りの汲み出し湯呑。
「〇・△・□」ってちゃんと意味があって、禅の世界の一部を表した図形らしいです。
意味は難しいので各自で調べて下さいね037.gif


f0014970_14402295.jpg
カラフルな器たちはどれも「和」にも「洋」にも見え、
使うシーンを選ばない自由度が魅力です029.gif


f0014970_14403634.jpg
オリジナルな釉薬のレシピもたくさん持っており
ちょっと他では見かけないような色合いのモノも。
通って陶芸教室に来て頂いているお客様からもよく釉薬の質問を受けているのを見かけます027.gif
僕も釉薬に迷ったらちょいちょいパクって・・・
いや、参考にしておりまーす041.gif


f0014970_14401176.jpg


【上田健次作うつわ 種々】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------

■□年末・年始の営業についてのお知らせ□■
12月28日~1月8日の期間年末・年始休みを頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、1月9日よりは通常営業致しますので
よろしくお願い致します040.gif

陶芸教室のご予約は072.gifこちら072.gif

しがらき焼 宗陶苑(そうとうえん) 
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
  TEL 0748-82-0316

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2015-12-18 17:18 | 店長一号 | Comments(0)

上田健次の照明作品


ハロー001.gif
12月にしてはあったかい日が続いてますね~058.gif

9月から12月かかりまで続いた学校関係の怒涛の遠足修学旅行ラッシュも
本年度はようやくほぼすべてが終了いたしました。

今年の秋はそれに加えて・・・
10月 『銀座展』
11月 『秋の催し』
12月 『Flo meets Kyoto』
と、宗陶苑としては毎月のようになんらかのイベントに関わるという忙しさでした042.gif
のんびり・まったり・ナマケモノ主義の僕にはありえないようなチャキチャキした秋でしたわ011.gif

でも、それくらい濃い時間をすごさせて頂いている事に感謝です!032.gif
それに陶芸教室や各イベントに御協力頂いた皆様にもいくら感謝しても足りないくらいです。
ありがとーーー040.gif040.gif040.gif040.gif


さて、今日は11月の「秋の催し」の目玉となっていた“上田健次展”から
透光性陶土を使った照明の作品をご紹介します003.gif

f0014970_1421480.jpg
催しに合わせ、現在窯詰めまでの間の期間で空の状態になる登り窯の中に展示しました!
使った部屋は「八の間」。
真っ暗な窯の中がとてもとても華やかな世界に。


f0014970_14212561.jpg
昔乍らの伝統を守る登り窯と、素材としては新しい透光性陶土のコラボ。
相乗効果で何とも神秘的な雰囲気な空間になりました038.gif


f0014970_14214440.jpg
透光性陶土「信楽透器(しがらきとうき)」とは(ネーミング・・・)、
滋賀県窯業技術試験場が数年前に開発した光を通す土です005.gif

光を通す土自体は以前から開発されていたようですが
透光性が高く、従来の土のように成形し易いというのが新たな特徴らしいです049.gif


f0014970_14222113.jpg
上田健次の照明はその土を利用し、
通常の土と組み合わせオブジェ的な要素をもつあかり作品として製作されたもの。
通常は白い透光性陶土の部分に色を付け
細かな模様の細工が施されているところがお見事!!017.gif


f0014970_1422457.jpg
僕の一番お気に入りはコイツ。
シンプルですが岩が砕けたら中から何かイイモノが出てきた・・・みたいな016.gif


f0014970_1423585.jpg
「八の間」の照明作品。
窯詰めが始まるまでの年内は見て頂けます027.gif
昼間から見れる信楽のイルミネーションですよ~041.gif


【上田健次作あかり】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


---------------------------------------

■□年末・年始の営業についてのお知らせ□■
12月28日~1月8日の期間年末・年始休みを頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、1月9日よりは通常営業致しますので
よろしくお願い致します040.gif

陶芸教室のご予約は072.gifこちら072.gif

しがらき焼 宗陶苑(そうとうえん) 
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
  TEL 0748-82-0316

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2015-12-12 17:10 | 店長一号 | Comments(0)

そうだ京都、行こう。


しょっちょう近くを通っていながら、今まで一度も立ち寄ったことのなかった
南禅寺」へと行って参りました060.gif

f0014970_15562958.jpg
紅葉のピークには少し間に合わず、夜のライトアップも終了したあとでしたが
天気も良く、まだ赤や緑の葉も一部残っており
とてもたくさんの人で賑わっておりました024.gif


f0014970_15564566.jpg
お庭もすごく趣きがあって良かったです。
池の中に立つこの小屋はなんなのでしょうか?
ちゃんと入り口と階段もあって、
まさか河童の家か?!009.gif


f0014970_15565925.jpg
寺の境内を通過している琵琶湖疏水の水路橋を見るとちょっと誇らしくなる滋賀県民です041.gif

最近テレビを見て知ったのですが、
滋賀県は京都市から琵琶湖疏水の感謝金として
毎年2億3000万円もの感謝金を頂いているらしいです005.gif
という事は、我々にとって京都は大大大御得意様じゃないですか!!
今後の京都人に対する態度が変わりそうな調子よい僕・・・・011.gif


そして!
京都と言えば今週の5日(土)、
『Flo meets Kyoto』という料理イベントが催されます。

オーストラリアから三ツ星フレンチのシェフ、フローレント・ジェラルリン氏を招いて
紅葉の美しい上賀茂の最高のロケーションにて腕をふるって頂くという企画です006.gif
くわしくはこちら

そしてなんと!
そこで使われるのが当苑の器なんです!!045.gif

f0014970_15571351.jpg
広い第五陶芸教室にずらーっと並べて使って頂く大皿を吟味中。
集めてみると大皿っていっても色々あるなぁ035.gif
今からどんな風に料理が盛られるのか楽しみでなりません039.gif

当日は僕も会場にてお酒とお料理をついばんで・・・
いやいや、信楽焼の紹介をしておる予定でーす070.gif
ワクワク、ドキドキ016.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2015-12-02 17:18 | 店長一号 | Comments(0)