信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


食を楽しむ限定品『旨美(うまみ)の窯』より最後にご紹介するのは
夫婦の飯茶碗です。
f0014970_8481216.jpg
                   【釘田誠史 長石釉夫婦飯碗】

土肌と釉薬を生かしたシンプルなつくりの飯碗です。
夫婦でサイズを違えて組んでおりますが、
小同士・大同士で組まれるお客様も多いです。
それぞれの食べる量に合わせて035.gif


f0014970_8483175.jpg
長石ベースの半失透釉は土肌をやさしいベールで包んだように見せてくれます。
シフォンケーキと砂糖の衣掛けの関係と同じです016.gif


f0014970_8484390.jpg
同じのぼり窯で焼いても詰めてある箇所の温度の上がり方・下がり方・酸素の量などで
ほんのり青系・赤系・黄系と様々です001.gif
手触りも例えると熱すぎず冷めすぎずなサラッとした感覚です043.gif


f0014970_8485764.jpg
昨日・一昨日の催し「食卓のささやき」でも(二日とも快晴で良かった♪)
薪で炊いた土鍋ごはんをこの飯碗で新鮮タマゴと一緒に楽しんで頂きました004.gif

ちなみに僕は二日ともおかわりしました。
飲むように食べました。
よくカレーは飲み物だと言いますが、タマゴかけご飯も飲み物だと思います011.gif


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

長石釉飯碗の作者も参加中の展覧会です↓001.gif
---------------------------------------

こちらはまだまだ絶賛開催中でーす038.gif
f0014970_15565228.jpg

薪窯を使った作品を集めた展覧会です066.gif
こちらも宗陶苑とあわせてぜひっ!!037.gif

『THE MAKIGAMA』
5月14日(土)~6月8日(水) (木曜日休廊)

GALLERY 陶園
滋賀県甲賀市信楽町長野
0748-82-1495


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2016-05-23 16:00 | 店長一号 | Comments(0)

こんにちは058.gif
本日は限定品『旨美(うまみ)の窯』からの第二弾をご紹介001.gif
f0014970_1631929.jpg
                      【上田宗 焼締五個組】

製作にあたって向付とは何ぞや?と調べたら・・・039.gif
“向付”とは日本料理でお膳の向こう側に置き据えられる食器の事で
刺身やぬたあえ、酢のものなどが盛られる器の事らしいです。
鉢型のモノも皿型のモノもあるようですが、
今回はその中間にあたる浅鉢型を五個組で製作致しました006.gif


f0014970_16313349.jpg
1点1点違った形状の五個組。
勢い任せのロクロで歪めた造りですので、
それぞれの表情がけっこう異なります041.gif
違う形でも揃いになるように・・・
ってところが見所です029.gif
もちろん色味を揃える為に窯詰めでは五つを同じ場所で隣り合わせで016.gif


f0014970_16314266.jpg

限定数は50組。
、と言う事は50×5で250のそれぞれの形と焼き味を吟味して頂きたいです004.gif
もちろん明後日からに迫ったこちらのイベントにも並びますよ~029.gif
---------------------------------------

『食卓のささやき』

新作限定品のごはん土鍋を使って
炊きたてのごはんを新鮮卵とともにお楽しみいただきまーす003.gif
またあらゆる御飯茶碗と丼ぶりを碗を取り揃え展示・販売致します。
1点モノも色々ございますのでお気に入りの一碗を見つけてください016.gif

他にも・・・
・窯出し市(最新の窯からの作品を展示いたします)
・俳句・和歌クイズ
・おばんざいプレート・フルーツポンチ
などなど盛りだくさんでお待ち致しております070.gif

f0014970_1711779.jpg
本日は本番に向けてのテストを兼ねて、
ごはん土鍋を薪で炊き上げてみました024.gif
おくどさん代わりに使ったのはなんと薪ストーブ005.gif

使う薪はもちろん登り窯を焚く用の赤松017.gif
やっぱり火力がモノを言います。
今までで一番おいしく炊けましたよ038.gif

『食卓のささやき』
日時:5月21日(土)・22日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

深緑の気持ち良い季節です058.gif
ぜひ、遊びにいらしてください029.gif

---------------------------------------

こちらもまだまだ開催中です045.gif

f0014970_16472436.jpg


薪窯を使った作品を集めた展覧会です066.gif
こちらも宗陶苑とあわせてぜひっ!!037.gif

『THE MAKIGAMA』
5月14日(土)~6月8日(水) (木曜日休廊)

GALLERY 陶園
滋賀県甲賀市信楽町長野
0748-82-1495


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2016-05-19 17:20 | 店長一号 | Comments(0)

本日は発売を開始したばかりの登り窯による限定品をご紹介029.gif
今回は『旨美(うまみ)の窯』と名付け、
(旨味じゃなくて旨美ってとこがミソ 笑)
食材のうまみを引き出し、食卓をさらに味わい深いものにする器ばかりを揃えました!
ぜひともこれらの製品で美味しい食事を楽しいんで頂きたいです!001.gif

そして第一回目にご紹介するのは・・・

f0014970_10523791.jpg
なんとっ!
ごはん土鍋!!005.gif

御飯をおいしく炊く為の土鍋で、
以前からお客様より
「登り窯の火色な景色の鍋が土鍋が欲しい」
といったご要望は多かったのですが
登り窯は焼き上げ温度が高温になり、耐熱用の土を焼くには不向きで
意識的に土鍋やご飯鍋を焼くのを避けて参りました015.gif

が、!!
今回、登り窯の中でも比較的温度が上がりすぎず、
かつ、じっくり火色が美しく発色し耐熱鍋を焼くのに良い場所を選んで焼き上げました024.gif

では、実際にお米をたいてみましょう006.gif

(1)別の容器で米を洗い、米と同量の水(1合に対して180cc)に30分程度浸けておきます。

最大で6合~7合まで炊けるサイズですので大家族や大食いでも安心037.gif

(2)浸けておいた水を切り、土鍋に移し替えて、米と同量の水を入れます。
f0014970_1052536.jpg
(3)約15分~30分、強火にかけます。

炊く合数に応じて強火時間を調節します。
途中で火力の調整も必要ございませんので簡単でーす070.gif

f0014970_105347.jpg
(4)蓋の穴から白い湯気が勢いよく出てくるのを目安に火を切ります。

湯気が出てるんですけど・・・写真に写らない013.gif
おこげを作りたい場合は水の量を少し減らし、
強火の時間を1.2分延長して下さい004.gif

f0014970_10531643.jpg
(5)約15分間蒸らします。

赤子泣いても蓋とるな!034.gif

f0014970_10532896.jpg
(6)できあがり。

おいしいよ060.gif
炊き込みご飯等もおすすめです。
また、ご飯鍋としてだけではなく
シチューやカレーも作れるので、ひとつあると便利ですよ041.gif


【西山信義 緋色ごはん土鍋】(鍋敷き付) 限定30個

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

そして、ここまで読んで
「ホントにこんな簡単に美味しくお米が炊けるの?」
と疑心暗鬼なそこのあなたに朗報です!037.gif
下記の宗陶苑春の催し「食卓のささやき」にて、
この土鍋の炊きたてごはんを提供いたします038.gif
↓味見をしにおいでやす017.gif
---------------------------------------

来週末に迫りました春の催しです024.gif

『食卓のささやき』

催しタイトル・・・037.gif
新作限定品のごはん土鍋を使って
炊きたてのごはんを新鮮卵とともにお楽しみいただきまーす003.gif
またあらゆる御飯茶碗と丼ぶりを碗を取り揃え展示・販売致します。
1点モノも色々ございますのでお気に入りの一碗を見つけてください016.gif

他にも・・・
・窯出し市(最新の窯からの作品を展示いたします)
・俳句・和歌クイズ
・限定品「旨美の窯」の展示・販売
などなど盛りだくさんでお待ち致しております070.gif

『食卓のささやき』
日時:5月21日(土)・22日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 


深緑の気持ち良い季節です058.gif
ぜひ、遊びにいらしてください029.gif

---------------------------------------

そしてお知らせをもうひとつ045.gif

f0014970_16472436.jpg

去年に引き続きギャラリー陶園さんでの薪窯ばかりのグループ展に参加しております。
本日からです042.gif
当苑からは僕(上田宗)と釘田誠史の二名がお気に入りを持って行ってます!

昨年よりも参加人数も展示期間もパワーアップ066.gif
いろいろな薪窯の作品ばかりを一挙に見れるという
なかなかに濃ーい展覧会です043.gif

こちらも宗陶苑とあわせてぜひっ!!037.gif

『THE MAKIGAMA』
5月14日(土)~6月8日(水) (木曜日休廊)

GALLERY 陶園
滋賀県甲賀市信楽町長野
0748-82-1495


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2016-05-14 17:08 | 店長一号 | Comments(0)

土灰釉。


外側は薪窯の特徴が出る無釉の焼き締めで
内側にのみ施釉を施した製品が当苑では多くみられます。
それは器に限らず水鉢・手洗い鉢や花入れなど様々な製品に及びます。
また内側の釉薬も海鼠釉・マット釉など品物によって様々を使い分けます。

そんな内釉のなかでもいちばんよく施すのが透明釉。
透明釉とはその名のとおり無色透明の光沢釉で
(厳密には100%の無色透明ではありませんが)
素地の色が透けますので土の色合いを生かした焼き味になります。

当苑では透明釉は石灰釉(石灰+長石)を主に使用しますが
今回の登り窯ではいくつかの製品に土灰釉を調合し施釉しました001.gif

f0014970_8493895.jpg
                     【上田健次 切立ち湯呑】

内側と外も口元まで施釉されたこちらは新製品。
比較的キメが細かく白い土との組み合わせは
土と火色のあたたかみもありつつ、爽やかな雰囲気004.gif

f0014970_8495397.jpg
土との組み合わせか釉薬部分には細かく貫入が入っており
と~っても清涼感のある湯呑に仕上がっております045.gif



f0014970_850897.jpg
                       【上田宗 隆線紋大鉢】

火袋のど真ん中を陣取っていた大鉢です009.gif
荒々しくデコレートされたその風貌は
「何かイヤな事でもあったの?」とたずねられそうですが・・・
現物を見て頂くと、
装飾にはハート053.gifのモチーフが隠されているのに気づくはず037.gif

f0014970_8502118.jpg
こちらの土灰釉は底から口に向けてぼかす様に施釉してあります。
焚いてる時の灰やら窯の内壁やら何やらが混ざって
釉薬だけの色味ではありませんが石灰透明釉よりもうっすら青緑な焼き上がりで
荒土には合ってるかも017.gif



f0014970_8504070.jpg
                    【上田宗 三つ足酒器/飯碗】

火入れごとにちょこちょこ少量作っては焼いている三つ足の酒器揃いも
今回は土灰釉の内釉にしました。
お酒が映えますよ~060.gif

f0014970_8505265.jpg


合わせた土灰釉の調合は天然土灰20%・平津長石80%027.gif
これをベースに次回からモノや気分で配合を変えていっても良いかも037.gif
原料から合わせる釉薬の世界、
無限に広がる組み合わせはまるで底なし沼のようですが・・・042.gif


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2016-05-06 17:37 | 店長一号 | Comments(0)