信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2月も今日で終了。
一年の6分の1がもう終わったとは信じられない早さで時間が過ぎてます。
意味もなく焦るわ008.gif


f0014970_11411776.jpg
そんななか、登り窯の窯出しがはじまっております003.gif
火袋をとばして「一の間」「二の間」から順に下から上に向かって窯出し中。

今日は出てきたモノの一部をフライング気味にご紹介038.gif

f0014970_11421090.jpg
【服部津 焼き締め植木鉢】
以前からの定番商品であるひねりの植木鉢。
今回は角に彫り模様と長方形に指跡の2タイプをたくさん焼きました。
今出てきているモノは濃いめの火色が多いです。
小ぶりなサイズですので室内用の鉢植えに056.gif



f0014970_11422973.jpg
【上田健次 白窯変釉浅鉢】

白い器はやはり使い易いようで、当苑ではこの白窯変釉はテッパンです017.gif
よってあらゆるモノをこの釉薬で焼いており、
当然今までにも浅鉢の白窯変釉シリーズもあったのですが
そのラインナップの隙間を縫うように七寸浅鉢が新登場です029.gif



f0014970_11424844.jpg
【上田宗 灰被り手洗い鉢】

今回の窯でも手洗い鉢のサイズ・色を指定して頂いての注文品が入っておりますが
これはそれらとは別で作ってあったもの。
口径43㎝と大ぶりなうえに灰がガッツリ被ったコゲの迫力も相まってかなりの存在感です035.gif

f0014970_11430482.jpg
コゲ跡はある程度は金剛砂でつぶして指を切ったりしないようにしておりますが
落とし過ぎると面白味も半減しますのでほどほどにしてあります045.gif



f0014970_11432352.jpg
【上田あかり ウサギ蓋物】

手ひねりによる一点モノ。
よく傘や杖の柄の部分が動物のモノがありますが、そのイメージで043.gif
灰が被ってすごくアンティークな趣きに009.gif

f0014970_11433646.jpg
兎のオブジェですが
首部分を外すと櫛目模様の一輪挿しに。


これらはほんの一部で窯出しはまだまだこれからです!
興味のある方は毎日新しく出て来ますのでぜひ遊びにお越し下さい024.gif

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-02-28 16:45 | 店長一号 | Comments(0)

窯焚き 2017 冬


登り窯の窯焚きがはじまっております003.gif
今回もなんとか予定通りに窯詰めが終了し、16日に火を入れれました♪

f0014970_14144026.jpg
現在3日目。
写真からも分かるようにまだまだ温度は低いです。
炉内の色が今はオレンジがかっておりますが、
温度の上がるり応じて黄色から白色に変化していきます。
燠も少なく窯詰めの中の様子が見やすいのは本日です。

明日は火袋の温度が上がった状態が見れますし、
明後日・明々後日は「一の間」から順次、間焚きが見て頂けます060.gif
ぜひ!!029.gif


f0014970_14150961.jpg
火が入る前に撮った火袋の様子。
チラッとだけ011.gif
今回は後列しっかり、前列ゆったりの窯詰めです045.gif

さあ、僕も16時~窯焚き!
今日は春なみのあたたかさ058.gif
でもきっと夜は寒いだろうから、動いてあったまるか
あるいは窯にへばりついてるかやな037.gif

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-02-18 14:41 | 店長一号 | Comments(0)

手ひねり・焼〆の急須


こんにちは。
先週はまさかのインフルエンザ感染(!)で、
ほぼ一週間をまるまるふっ飛ばされましたわ020.gif
登り窯の火入れをまぎわに控えてのギリギリ追い込み製作中だった為
「作業はしないと乾かない」でも「身体がしんどい」うえに「他の職人にうつしたらタイヘン」で・・・
ちょろちょろなるべく人に合わないように職場に来ては仕上げるで、なんとかのり切りましたわ077.gif
もちろん今週は完全復活!!
もう人にもうつりませんので、どんどん近寄って来てくださいねー037.gif

さて、
今日は手ひねりによる焼き締めの急須を029.gif
f0014970_10300557.jpg
どれも紐造りによる一点モノでデザインはもちろん、サイズもまちまちです。
前回の窯では比較的小ぶりなモノをたくさん作ってもらったので
2~4人くらいで使ってもらう大きさが充実しております。
写真の奥は捻りによる指跡残し、手前は飛び鉋。


f0014970_10303422.jpg
こちらは“しのぎ”による装飾で火袋による焼き味。
急須などの「蓋物」を薪窯で焼く際には
歪みによって蓋が出来ない事がないように、
また本体と蓋の焼き味を揃える意味合いから
剥離剤として水酸化アルミニウムを接着面に塗って蓋をした状態で焼きます。
それでもどんどん灰がかかったりすると蓋が取れなくなって焼き上がってくるものも046.gif
良い焼き味にしたいけど蓋は取れるように・・・って見極めが難しいところです
017.gif



f0014970_10305512.jpg
こんな後ろ手のタイプも009.gif
急須というよりこのハンドルだと“ポットって感じになりますので紅茶などに良さそう063.gif

よく「大は小を兼ねる」と言いますが、急須はこれにはあたりません。
少しでいい人数の時は大きな急須で少ない量を入れればいいとなるかも知れませんが
それでは茶葉の蒸らしに問題が生じると思います。
まだまだ寒い日も続きます。
小ぶりな急須でお茶を淹れて温まりませんか016.gif


【服部津 手ひねり急須】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
そんな急須も焼かれた宗陶苑の巨大登り窯035.gif
どんどん詰まってきております006.gif
f0014970_17041209.jpg

「五の間」の戸前には巨大壷035.gif
明後日、2月16日(木)いよいよ窯に火が入ります!
窯焚きの見ごろは2月18日(土)~21日(月)です027.gif
迫力の窯焚きは見ものですよ~058.gif
---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-02-14 17:07 | 店長一号 | Comments(0)