信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

火袋 大焚きィィ!!!


登り窯の窯焚きも4日目で、現在は火袋の大焚き中です。
f0014970_1685972.jpg


いつもは僕も窯焚きをしていてクタクタになるんで
窯焚き中はこのブログの更新もストップしてしまうのですが、
今回は諸事情で窯焚きから外れてますので焚いてる様子が
いつもよりはおとどけできるかと。

前回も書きましたが当苑の窯は火袋にもしっかりと品物を詰めますので
昔と違い火袋もしっかりと焚きこみます。
赤松の割り木で約300束を火袋だけで消費します。

また火袋内のオキを返したり、舞い上げたりする作業が迫力満点で
大焚きになってから数時間置きにしか行いませんのでこれが見れた方は幸運です016.gif



実際に何をするかと言いますと・・・

f0014970_17281032.jpg
オキの中にステンの棒を突っ込んで・・・


f0014970_17293733.jpg
腰を入れて、テコの原理で・・・


f0014970_17303159.jpg
跳ね上げるっ!!


f0014970_17312415.jpg
突き刺しては・・・


f0014970_17323585.jpg
跳ね上げるぅぅっ!!
こんな作業を1300℃近い炉内の前で繰り返し行うわけで
この掻き混ぜタイムがやってくると一気に体力も持っていかれます008.gif

写真では伝わりにくいのですが、周辺の温度も熱気で一気に上がり、
火の粉も舞い散りまくりです。
残念ながらこの作業が見れるのは今日までで、
変わりに明日からは間焚きの様子が見て頂けます。
こちらも職人のスパーテクニック満載で必見です017.gif


----------------------------------------
熱さに負けず頑張る窯焚き職人に愛のクリックを↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

----------------------------------------
[PR]
Commented by THEO at 2010-08-29 21:15 x
土曜日の夜には見学させていただき、ありがとうございました。
ちょうど、火袋の大焚きがはじまっていて、迫力満点でした。
薪の投げ入れのときに火袋の扉が開くと、離れていても熱が一気に伝わり見ていても熱くなりました。
大きなのぼり窯の見学は初めてだったので、とても感動しました。
みなさん、がんばってください。
Commented by soutouen at 2010-08-30 09:08
☆THEO さま

励ましのコメント、ありがとうございます。

火袋の大焚きは焚き口も大きく見やすいので
見学には最適ですが、
間焚きも割り木を投げ入れる作業が楽しいですよ。
by soutouen | 2010-08-29 17:51 | 店長一号 | Comments(2)