信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

共蓋の茶入


共蓋の茶入れをいくつか作りました017.gif
f0014970_11522912.jpg

共蓋(ともぶた)とは茶道具で本体と蓋が同じ素材で出来ている物の事です。
茶入れの場合、当苑では蓋は牙蓋(象牙の削り)を身に合わせて作りますが、
この牙蓋が高価になってしまいます。

釉薬は変えましたが、同じ土で作ってあるのでこれらの茶入れも共蓋です。
手前の物は牙蓋の形状と同じ蓋、奥の物は被せ蓋です。



f0014970_11525365.jpg

灰被りの茶入れにはやはり牙蓋の方がしっくりき、
樹脂製やラクト(人口象牙)製の象牙に似せた物も象牙よりは安価でありますが、
こういった明るい色味の物にはあえての共蓋もよいのでは。




f0014970_1152818.jpg

こちらのトルコ青の二つは形も蓋の形状も既存の茶入れの物から少し外してみました。
蓋には“つまみ”もありませんが、
実際のお点前の時につまみをつまんで蓋を開けたり閉じたりすることはありませんので
なくても良いかってことで037.gif



f0014970_15464417.jpg


実はこれらの茶入、訳あって超急ぎで焼きました。
ロクロで作ったその日に天日で干して仕上げて、
次の日に窯の余熱やストーブを使っての急激乾燥(片乾きしないように回しながら…)、
そして施釉(もちろん生掛け)して、すでに火の入っているガス窯の蓋を開けて詰めるという
結構な無茶をしました008.gif
もちろん通常、そんな事をすることはありませんが
個人的に使う予定があり、最悪いくつか傷が出ても仕方がないという覚悟と
小さい品だから大丈夫でしょっていう希望的・楽観的見込みで焼きましたが、
幸いすべて傷もなく焼けてくれました024.gif

今回はたまたまうまくいきましたが、やはり無理な乾燥や焼成は傷になりやすいですし
子を谷に突き落とすライオンの気持ちで、心にも悪いです002.gif

来年2月にはまた登り窯に火が入りますが、
無茶をしなくてもいいように余裕をもって作らねば!
時間って大切!!
じゅうぶんに乾燥の時間がとれるように年内に出来るだけやろう!059.gif


---------------------------------------

…って言いながら今晩はこれからクリスマス会060.gif
さっさと仕事を切り上げます015.gif

世間ではクリスマスイヴを含む三連休で、当苑にもカップルの姿もちらほら。045.gif

そんななか、当然のように土にまみれて仕事した後、
『職人たちと祝うオッサンだらけの聖なる夜』です(笑)
プレゼント交換とかしちゃおっかなぁ(狂気。。。)

日本酒とワインを持っておよばれしてきます024.gif


---------------------------------------

■□年末・年始の営業についてのお知らせ□■
12月26日~1月7日の期間、陶芸教室・オンラインショップは年末・年始休みを頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、1月8日よりは通常通り御予約頂けますので
よろしくお願い致します040.gif

陶芸教室のご予約は072.gifこちら072.gif

なお、店舗の方は12月28日まで通常営業。
年末・年始も対応可能な日がございますので下記お電話までお問い合わせ下さい040.gif040.gif

しがらき焼 宗陶苑(そうとうえん) 
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
  TEL 0748-82-0316


---------------------------------------


ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------
[PR]
by soutouen | 2012-12-23 16:54 | 店長一号 | Comments(0)