信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

紅鉢・こね鉢・餡鉢


「紅鉢」という器を御存じでしょうか?
江戸時代から化粧の紅、団子や米粉、染料などを練る為の鉢として作られた物で
サイズや形・深さは様々ですが、口を反り返らせたこのような形状をした鉢です。

f0014970_17040824.jpg
団子鉢・こね鉢・練り鉢・餡鉢・・・等々、産地や用途によって様々な呼ばれ方をされますが
安定して練りやすいよう底部が広く浅い高台(もしくはベタ底)に
並白釉を施して焼いてあり、ある程度年配の方でしたら見かけたことがあるのではないかと思います109.png

並白(なみじろ)釉とはやや黄味がかった透明に焼き上がる灰釉で
当苑でも以前はよく使われていた釉薬です。
最近はとんと出番の少なくなった釉ですが、
レトロな色調が今使うとかえって新鮮そう。
今度食器などで使い方を考えてみようかな115.png

そしてそんな「紅鉢」を現在も“道具”として使い続けられている方々がいらっしゃいます。
京都の老舗菓子屋「やわた走井餅老舗」さんもそのひとつ。
以前からお店で使う抹茶碗や小皿を店の屋号入りで焼かせて頂いております102.png

f0014970_17042383.jpg
この餡鉢は実際に使われているものです。
当苑で焼いたものではありませんが、
長い歳月を日々大事に使われていたのがうかがえる良い“時代”のつき方をしていてとても味わい深い。
走井餅を包むのにこの鉢に入れた餡から一つ分をすくって使われているようです。
いくつかお持ちのようですが、ヒビが入ったりしていたんできたので
同じ形で作れないかと御依頼頂きました106.png


f0014970_17043640.jpg
内径で尺二寸(36㎝)と紅鉢としては大きな部類です。
使い続け味わいの貫入が美しい。
底部に凸凹の跡がありますが、
当時は窯のスペースをかせぐ為に珪砂を間にかませていくつかを重ねて焼かれていたようです。
今はこういった焼き方はあまりしませんので、かえって骨董的でいいわ~113.png


f0014970_17045410.jpg
で、こちらは御依頼頂いて僕が作ったモノ。
底の珪砂跡は使い勝手を考えフラットにしましたわ144.png

で、特に拘っておられたのが、口縁周り内側の角度と形。
写真では少し分かりずらいのですが、
お預かりしている見本も底から口にかけて同じ角度で広がっていくのではなく
胴の半分くらいから微妙にカーヴが変わっています。
おそらくこの微妙なカーヴで餡を掴み、しっかりと立った口縁で餡を切っておられたのではないかと147.png

f0014970_17050899.jpg
なので僕は普段はあまり使う事の少ない内ゴテで再現してみました158.png
おそらくロクロの挽き方もオリジナルとは違うとは思いますが、
昔の何処の誰かも分からない陶工に想いを馳せながら作るこんな注文も
自分にない技術が必要になったりして良い刺激になります111.png



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック↓

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2017-06-15 17:37 | 店長一号 | Comments(0)