信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

限定品『近江の窯』その3


今回も限定品「近江の窯」のご紹介。
第三弾です114.png
一回目・二回目と灰被りの品をご紹介しましたが
今回は焼締めと釉薬の組み合わせの品を2種です。

琵琶湖を低い山々で囲まれ、
豊かな土壌に恵まれた近江国。
その土を用い職人の手業と炎~創りだされるやきものに、近江の風土を感じて頂ければ幸いです。


f0014970_14464376.jpg
【上田宗 飯茶碗ペア】

この飯碗はもうかなり以前からの定番品で、
もうね目をつぶってても作れるくらいに(それは言い過ぎ…)
登り窯に火を入れる度にほぼ毎回のように少しのマイナーチェンジを繰り返し作り続けているモノです。

今回とうとうと言うか、いよいよと言うか限定品として登場です101.png
以前からあるモノなのに何が限定品かとツッコまれそうですが
数量限定で従来品と異なり底に銘入りで、
焼き味による価格違いがなく一律同価格でしかもお求め易くしておりますので
この機会にぜひっ!!115.png


f0014970_14465742.jpg
器の内側には緑釉施しておりますが、窯の詰めてある箇所でそれぞれ異なります。
土と釉薬と焼成が折り重なって生れる色合いは単純に何色とは申せない複雑で多様な仕上がりとなりました。
銘は“山歩(さんぽ)”と名付けました。
木々の緑を眺めながら山道を散策するような気分で食事の時間を楽しんで頂ければと思います104.png


そしてもう一品125.png
f0014970_14470930.jpg
【上田宗 麺鉢ペア】

飯碗と同じく焼締めと釉薬の組み合わせで、
土も同じ合わせを使用しております。
麺鉢としておりますが、丼でも盛鉢でも用途に合わせて使って頂けます164.png


f0014970_14472262.jpg
こちらの内釉は淡海釉を施しました。
銘を“湖淪(ころん)”と名付けましたが、琵琶湖の穏やかなさざ波をイメージしております112.png


GW、もちろん休まず営業中でーす。
近くの方も、旅行の方も遊びにお越し下さいな~174.png

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2018-04-29 17:31 | 店長一号 | Comments(0)