信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

古い壷



これは骨董の壷。

f0014970_16554968.jpg
当苑で製作したモノでも、ましてや信楽でもありません。
おそらく室町の常滑焼かと。

祖父が好きで、また商売柄集まってきてこういった古い壷はいくつもあるのですが、
窯元であり骨董屋ではありませんので基本的には非売品です144.png
が、今回のこの壷は顧客の方にお願いされてもらわれていく事に
覚え書きがわりにお渡し前にここにアップ105.png


f0014970_16560909.jpg
口に大きな割れがあったり、石爆(いしはぜ)や大きくはじけた箇所、キレなどもあり
当然のように水はダダ漏れ・・・
ですが眺めているだけでワクワクします146.png
特に骨董趣味はありませんが、同じ薪窯を焼く陶工としては参考になる事も多いです。
例えばこの胴の付近にたくさん入ったタテのキレは
紐作りで成型した後、美しい胴の丸みを出すために内側から叩いて張り出させたのが
焼成時にこのようにキレとなって出てしまったのだと想像出来ます。
「気合い入れて叩きすぎちゃったのね」とか
「この日は天気良すぎて乾きすぎちゃたんだろうか」なんて
大昔の壷作り職人の顔まで妄想するのはじつに楽しいものです106.png




f0014970_16562524.jpg
むかしのこういった壷は平底で作者の印などもありません。
作為のない底の造りと時代を経たからこその落ち着いた質感は
古いモノの見どころのひとつですね112.png



f0014970_17185693.jpg
同じモノをコピーする気はまったくありませんが、
サイズ感であったり、フォルムであったり、口の造りなどを取り入れてみる。
自分のも何百年も残って後の世の人にも愛されたらいいな~151.png


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2018-06-14 17:23 | 店長一号 | Comments(0)