人気ブログランキング |

信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

サマアナで…


今回窯出しした器のなかでは、少し変わった焼き味での注文も受けてみました。

このような焼き味でというご依頼121.png
この低めの温度で長時間燻したような風合いの焼き味は登り窯の“サマ穴”という箇所での焼き上げ。
通常はモノを詰める箇所ではありませんが、たまたま以前に焼いたモノを見られてのご注文101.png

f0014970_09370015.jpg
これが“サマ穴”。
おそらく「狭間穴(さまあな)」と書くと思うのですが
登り窯の部屋(間)と部屋(間)をつなぐ穴の事で、ここから前部屋からの余熱が上がってきます。
写真は「七の間」からのものですが、部屋によってサイズや数が異なり、
窯詰めの様子等によって棚板等を入れて穴のサイズを調整します。


f0014970_09205684.jpg
こちらは灰被りの“コゲ”味の箇所で焼いたモノ。
似て非なるモノとはこの事で、こちらの方が焼成温度は高めです。
なぜなら登り窯は下から上に向かって炎や熱が流れます。
くべた薪の落ちる箇所から炎の流れる側と反対側と言うと分かりやすいかも125.png




f0014970_09211116.jpg
【釘田誠史 焼締め小皿】

続いて同じ作者による焼締めのうつわをもう一品。
直径10㎝ほどの小皿で灰被りも含めていろんな箇所でたくさん焼きました。
焼き味によってお値段も違うのですが
お気に入りを一つでも、焼き味違いでいくつか揃えても楽しいです。
今なら選び放題です115.png


f0014970_09212384.jpg
こちらは同製品の“緋ダスキ”バージョン。
藁模様の入り方が多彩で美しい124.png




f0014970_09214067.jpg
【服部津 亀(小)】

お馴染みの亀の置物もたくさん焼きましたよ。
今回はラインナップのなかでいちばん小さいのばかりを。
、と言っても直径25㎝ほどですので実物大の亀に近い感じ117.png
この飴釉の雰囲気と甲羅模様の組み合わせなかなか合うので、
今度この組み合わせで食器ってのもありかも156.png

--------------------------------------

そして次の土・日はいよいよ・・・

『宗陶苑 春の催し』です!!179.png

今回は限定品として様々なコーヒーを楽しむ器を製作し最新の登り窯で焼成しました!!
その限定品『香火の窯』を中止としてコーヒーの器たちを取り揃え展示販売します169.png
コーヒーカップはもちろんミルクピッチャーや陶製スプーン、砂糖壺、ドリッパーなどなど・・・

そしておなじみ教室の生徒Tさんが今年もたくさんの「オオサカランチュウ」をお持ち下さいました!!113.png
f0014970_17122657.jpg
なんと催しの二日間は水鉢をお買い上げ頂いた方にお分けします!!146.png
なくなり次第、終了です129.png

他にも・・・
・珈琲を楽しむ器展
・限定品「香火の窯」の展示・販売
・陶製ドリッパーで味わうコーヒー
・珈琲豆煎り体験
・窯元特製ハンバーガー
・最新の登り窯より新作販売・・・
などなど盛りだくさんでお待ち致しております157.png

春のうららかな休日に、是非ご来苑下さい!!179.png

『宗陶苑 春の催し』
日時:4月20日(土)・21日(日)
   10:00~16:30
場所:登り窯 宗陶苑 

--------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-04-14 17:16 | 店長一号 | Comments(0)