信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古い壷



これは骨董の壷。

f0014970_16554968.jpg
当苑で製作したモノでも、ましてや信楽でもありません。
おそらく室町の常滑焼かと。

祖父が好きで、また商売柄集まってきてこういった古い壷はいくつもあるのですが、
窯元であり骨董屋ではありませんので基本的には非売品です144.png
が、今回のこの壷は顧客の方にお願いされてもらわれていく事に
覚え書きがわりにお渡し前にここにアップ105.png


f0014970_16560909.jpg
口に大きな割れがあったり、石爆(いしはぜ)や大きくはじけた箇所、キレなどもあり
当然のように水はダダ漏れ・・・
ですが眺めているだけでワクワクします146.png
特に骨董趣味はありませんが、同じ薪窯を焼く陶工としては参考になる事も多いです。
例えばこの胴の付近にたくさん入ったタテのキレは
紐作りで成型した後、美しい胴の丸みを出すために内側から叩いて張り出させたのが
焼成時にこのようにキレとなって出てしまったのだと想像出来ます。
「気合い入れて叩きすぎちゃったのね」とか
「この日は天気良すぎて乾きすぎちゃたんだろうか」なんて
大昔の壷作り職人の顔まで妄想するのはじつに楽しいものです106.png




f0014970_16562524.jpg
むかしのこういった壷は平底で作者の印などもありません。
作為のない底の造りと時代を経たからこその落ち着いた質感は
古いモノの見どころのひとつですね112.png



f0014970_17185693.jpg
同じモノをコピーする気はまったくありませんが、
サイズ感であったり、フォルムであったり、口の造りなどを取り入れてみる。
自分のも何百年も残って後の世の人にも愛されたらいいな~151.png


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2018-06-14 17:23 | 店長一号 | Comments(0)

今日は新作の角プレートを、料理の盛り付け写真付きで101.png
もともとはお客様からの御依頼で、朝食やランチなどのワンプレート用として作ったモノです。

f0014970_17323200.jpg
長方形の焼締めプレートに区切りが入った形状。
区切られた一箇所は凹みがあり、写真のように碗を据える事も165.png
碗は味噌汁やスープ、あるいは向付鉢としてメニューに合わせて使って下さい104.png



f0014970_17324681.jpg
バリエーションで区切り方に変化をつけたタイプも。
何をどう盛り付けるか考えるのが楽しくなりますね。

では盛り付け例を・・・


f0014970_17330673.jpg
和食と。
注文時はパンなどに使う朝食用のプレートとして御依頼頂きましたが
魚などの和プレートにしてもなかなか109.png


f0014970_17332207.jpg
洋食。
碗はスープやヨーグルト、デザートなんかに107.png


この碗は単独で蕎麦チョコなんかにもいい形状ですが・・・

f0014970_17333515.jpg
丸みのあるフォルムの碗もあります151.png

今回焼いたこちらは信楽特有の荒土よシャープなラインで魅せる“大人なワンプレート”です114.png

【釘田誠史 角区切りプレート&碗】
↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------

新茶の季節!
今年も宗陶苑オリジナルブレンドの朝宮茶が出来て参りました♪

200g缶 2200円(税込)

店でもサービスにてお出ししておりますーす144.png

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


[PR]
by soutouen | 2018-06-05 14:00 | 店長一号 | Comments(0)