人気ブログランキング |

信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

焚口脇の花入れ その1


前回の登り窯で火袋の焚口脇で焼いた花入れ。

f0014970_15244261.jpg
花入れと言っても伝統的な形状ではなく、
和洋関わらず使えるフォルムに投げ入れも出来るような広めの口造りです。

いつもおもしろい焼き味に出てくる箇所ですので、
花入れとか抹茶碗、飾り皿などをそこに詰めます101.png


f0014970_15251452.jpg
火を入れる前はこのような状態で詰まっております。
耐火煉瓦(マクラ)や割れ棚板を積み上げてかなり高さを上げておりますが
焼成時、左に見える脇の焚口の下くらいまでは燠に埋もれますので
低すぎるとまっ黒に焼けてしまいます105.png
毎回詰めるモノによってちょうど“景色がつくよう高さを調整しております。

また、正面を壁に向けて詰めておりますが、それは・・・

f0014970_15252936.jpg
こちら側も比較的黒く焼け、壁側の方がおもしろい仕上がりになる為です。
それでも360°景色のつく箇所ですので、
ここで焼いた花入れは床の間のように前しか見れないところより
ダイニングテーブルの中央等、外国の花瓶のような使い方が合っているかもです123.png


f0014970_15245655.jpg
思いがけず窯に悪戯されて、数カ所に“ヘキ”が付きました147.png
“ヘキ”とは「壁」からきている言葉だと思うのですが、
窯の内壁が焼成時や冷却時に崩れてきたものを言います。
これはこれでアリかなぁ~125.png


【上田宗 ひねり変形花入れ】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


そして早くも次回の登り窯に向けて窯詰めが始まっております!!166.png
来月の火入れに向けて徐々に一万数千点が窯詰めされていきます。
2月14日(木)火入れ予定です!!
ええ、バレンタインデーです!
チョコの日ですよ!!
「だからどうした?」とか聞こえますが・・・141.png
窯焚きの見ごろは16日(土)~19日(火)ですのでチョコ持ってぜひ!(笑)124.png

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-01-24 16:08 | 店長一号 | Comments(0)

2019年、最初の投稿です。
ようやく長い眠りから覚めました105.png

f0014970_10412913.jpg
本年もどうぞよろしくお願い致します。



年が変わる時期には色々とさっぱりしたくなるもので、
僕なんかは毎年の暮れには散髪に行っている気がします115.png
皆同じように思うのか床屋も年末は混んでおり、
いつもは予約もなしにふらっと行って切ってもらっておりますが年末は少し順番待ちをする事があります。
ちなみに子供の時から行っている床屋で、今まで美容院には行ったことがありません106.png


f0014970_15251401.jpg
って話がそれましたが・・・
今回さっぱりしたのは僕の頭でなく当苑の一般第一駐車場のこの木です。
何十年も前に目隠しにと植えられたものですが、
長い月日をかけてスクスクと育ちかなりうっとおしい状態に143.png

登り窯で使う薪をお願いしている山師さんにお願いして枝払いをして頂きました101.png


f0014970_15253728.jpg
兄弟山師の奥村ブラザーズ124.png
お二人ともけっこうなお歳ですが、それこそマリオBROS.なみの動きで枝に登って
鋸で次々と枝を落としていかれます146.png



f0014970_15255228.jpg
あれよあれよという間に「なんという事でしょー!!」な仕上がりに150.png
中途半端に枝や葉が残っているように見えますが、全部落として木が死んでしまわないようにらしいです109.png
この木、ずっとおじいさんからは“ヒマラヤスギ”と聞かされていましたが、
奥村さんに聞いたら“ゴヨウマツ”らしいです129.png
また温かくなる頃にはいい具合に仕上がってくることでしょう165.png


f0014970_17362308.jpg
さて、そんな奥村兄弟が持ってきてくれる赤松を大量に使う大登り窯ですが
来月中旬にはまた火が入ります!!
モノを作るのも焼くのも我々ですが、薪を準備して頂ける山師さんあっての仕事です。
どちらも時代と共に少なくなってきている仕事ですが、
今年もまたがんばって焚いて参りたいと思います!!102.png

---------------------------------------

ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-01-14 17:47 | 店長一号 | Comments(0)