人気ブログランキング |

信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


今朝、水連を入れている大鉢に・・・
f0014970_16275984.jpg
この方々が!146.png
鉢の中をすいすいと泳いでいたのですが、
鉢に反しがついているのでひょっとすると出れなくなったのかな。
カエル親子だと思っていたけど・・・ひょとするとカップル!?
お、お、おとりこみ中でしたか…151.png



f0014970_16281819.jpg
【上田健次 カエル置物】

そして、こちらはカエルの新製品!!
ちょっとコミカルなデザインです113.png
まだサンプルの段階なのですが、左のマット調の明るい緑釉か右の光沢系の渋い緑釉か迷い中。



f0014970_16303863.jpg
こちらは一昨日、甥っ子(4歳)が作ったカエル。
なかなかにファンキーでしょ。
焼き物体験は保育園児でも出来ますよー165.png


かえるぴょこぴょこみぴょこぴょこあわせてぴょこぴょこむぴょこぴょこ
って事で出てくるカエルの合計を“むぴょこぴょこ”(6匹)にしたかったのですが…
1ぴょこ多かったわ126.png


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-05-28 17:15 | 店長一号 | Comments(0)
コーヒーの限定品『香火の窯』の第三弾。
最後は焼締めの製品を二種。

f0014970_11274690.jpg
【上田宗 灰被珈琲碗】

灰被りでの焼き上げによるカップ&ソーサー。
焼き色に違和感がないよう、皿の上に“めつち”をうってカップを重ねて焼いております。
なので100点程を焼きましたがカップとソーサーには組み合わせがあります。
そして通常数を作る時は効率が良いのでそれぞれをまとめて作りますが、
それぞれの雰囲気や勢いを合せる為に、
カップ・ソーサー・カップ・ソーサー・カップ・・・と交互に轆轤挽きするというヘンクツぶり128.png


f0014970_11340998.jpg
灰被り用の土、作るモノに合わせ毎回配合を変えて合わせますが
今回はこれらに焦点を合わせ、コーヒー染みなどが付きにくいようにと吸水率の少ない土合わせに114.png


f0014970_13024366.jpg
信楽焼き締めならではの見た目の重厚感がありつつ、ハンドルで持ってめちゃに重いのはイヤ。
火力の強いところに窯詰めするけど、歪みでソーサーにカップを置いた際にグラグラはちょっと…
という相反する要素を満たすちょうど良い落としどころに作れたと手前味噌ながら123.png



f0014970_11290328.jpg
【上田あかり 焼締め陶製ドリッパー】

そしてこちらはなんとコーヒー用ドリッパー!
当苑ではかなり以前にもポットとのセットで大きめのドリッパーを製品化した事がありますが
今回のモノはより扱いやすい1~2杯用。

f0014970_13030578.jpg
ドリッパーと言っても下記のように世には様々な種類がございます。
材質:プラスチック・磁器・陶器・ガラス等
形状:台形型・円錐型
穴の数:1~3
リブ(溝):縦溝や螺旋形など
これらの組み合わせでコーヒーの濃さや味に差が生じます。

f0014970_13032730.jpg
作者が今回選択したのは円錐型で一つ穴、リブなし164.png
材質はもちろん信楽土の一択ですが(笑)、
サンプルの段階では形・穴・リブと様々作ったなかから実際淹れてみての作者の好みで112.png

商品にはピッタリち合うペーパーフィルター100枚付きです104.png


f0014970_13034290.jpg
ちなみにこのドリッパーを灰被り珈琲碗と組み合わせるとこんな感じに109.png


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-05-16 11:24 | 店長一号 | Comments(0)

GWもいよいよ最終日。
う~、長かったー!
ようやく休める…119.png

さて前回に引き続きコーヒーに関する限定品『香火(こうか)の窯』から釉薬モノを二品ご紹介します101.png

ところでこの“香火の窯”という名称、
珈琲は火で煎って香りも楽しむ飲み物として名付けましたが
読み方を変えると「こうひ(コーヒー)」とも、
更にここ信楽は甲賀(こうか)市と言う事もあってのトリプルミーニングだったのですが
なかには線香を連想して当苑の身内にだれか不幸があったのかと心配のお電話を頂く事も…140.png
名前って難しいわ144.png


f0014970_14221520.jpg
【上田健次 デミカップとソーサー】

緑釉を施したカップ&ソーサーです。
デミカップ、所謂デミタス用のカップと銘打っておりますが
洋食器のデミタスカップとはフォルムが違うのでどちらかと言うと小さめのコーヒーカップとお考え下さい。
「デミ」とはもともとフランス語で半分と言う意味らしいです。
前回ご紹介したタタラカップの半分ほどの容量です158.png


f0014970_14232203.jpg
緑釉を施したと言えども、登り窯の焼成雰囲気で緑・青・飴色と個性があります。
どの焼き味がコーヒーを美味しく感じるかな117.png




f0014970_14230042.jpg
【西山信義 刷毛目蓋付マグ】

対してこちらはかなり大ぶりな蓋付きのマグカップ。
黒土に化粧の刷毛目という組み合わせで、
リズムを持った刷毛模様がデザイン的。

f0014970_14234284.jpg
けっこうな容量ですのでカフェオレなどにおすすめ。
量が多いと飲むきるのに時間がかかりますが、
フタ付きですので長時間あたたかい状態をキープできます165.png
これからの季節、氷を入れたアイスコーヒーなんかも良いですよ~124.png



↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-05-06 17:06 | 店長一号 | Comments(0)

こんにちは。
長ーいゴールデンウィークも折り返しにさしかかりましたね112.png
宗陶苑はもちろん休まず営業中です!!107.png

今日は先週の「春の催し」でも好調だった今回の限定品をご紹介します。
今回は『香火(こうか)の窯』と名付けてコーヒーを楽しむ器を様々な種類、製作致しました。
今日はそのなかからひとつ、一番スタンダードなタイプを。

f0014970_16195766.jpg
当苑ではもうおなじみのタタラマグカップ。
今まで色違いや左利き用などいくつかのバリエーションがございましたが
今回はサイズ調整と受け皿が付いてのカップ&ソーサータイプが登場です114.png


f0014970_16201726.jpg
カップの内側は淡い緑釉。
外側は無釉の焼き締めとなっておりますが
登り窯での焼き上げですので一点一点焼き味に違いがございます。
今回はコーヒー使いメインにとひとまわり小さくなりましたが
もともとこっちのサイズが正解かのようにしっくりくる感じ113.png

f0014970_16203490.jpg
タタラ(板状の土)作りの特徴を生かした合わせ面のボタンのような模様。
ソーサーも角の一辺にワンポイントではいっていてカワイイ109.png
タタラマグの作り方はこちら

【服部津 タタラカップとソーサー】

↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp


f0014970_17111986.jpg
今日から新元号の“令和”。
当苑の記念写真用のプレートも。
(上から貼った感がばればれとか言わない…)
昨日・今日は雨ながらここで写真を撮っている方々が多かったわ、やっぱり165.png

--------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


by soutouen | 2019-05-01 17:18 | 店長一号 | Comments(0)