人気ブログランキング |

信楽の登り窯窯元    「宗陶苑」の日記。      焼き物製作、商品紹介、日々の日記などなど・・・


by soutouen

今日はずっと作り続けているスタンダードなモノをマイナーチェンジさせた品々をご紹介します。
どれも釉薬を施した品々ですが、
すべて新しく登り窯で焼いた出来たてのモノたちです101.png

もちろんそのままで何年も作り続けている製品もたくさんありますが、
以前からの商品でもより完成度を上げたり、時代の傾向によったり、時期や季節に合わせたりと
作る度に細かな変更を加える事はよくあります。
店にお越し頂くお客様にはいつ来ても新しい品物との出会いを楽しんで頂きたいものです115.png



f0014970_17180330.jpg
【白化粧流し楕円長皿】

まずこちらは作者や土や重ねる釉薬を変えつつも息の長い製品。
息も長いですが・・・楕円の長辺が40㎝とサイズも長ーーーいっす112.png
もともとは秋刀魚がしっかり盛れるというコンセプトで始まった製品だけに
これからの季節に大活躍するはず165.png
今回の変更点はフォルムと重ねる釉の種類、そして白化粧の施し方をスポンジ置きから流し掛けに変わりました。

f0014970_17182085.jpg
従来通りのスポンジ置きパターンもいくつか焼いております。
縮緬状の模様がポイントのこちらも魅力的です101.png




f0014970_17183739.jpg
【上田宗 トルコブルー流し種々】

ここ何年かはちょいちょい作っているトルコブルーのシリーズ
(見ての通りぜんぜんトルコ青色ではありませんが自分の中でこう呼んでます105.png)
釉薬を数種重ね掛けしておりますが、ベースとなるトルコ青釉は固定で重ねる釉を毎回違えております。
今回は爽やかブルーというよりは、暖色系の黄味をプラス。
今からの季節に157.png

f0014970_17185568.jpg
このシリーズは形・サイズいろいろ。使い道もいろいろで全て一点モノというシリーズです115.png
酒器に使える方口タイプはお酒を入れると美しいですよ126.png




f0014970_17191486.jpg
【上田健次 菫釉線刻紋鉢

こちらは以前から緑の釉薬で焼いており、サラダボール的に使って頂くのに人気の商品なのですが、
初登場が2009年からの商品ですので今回を機に釉薬を変えてみました125.png
リムの部分は黒化粧の掻き落としなのですが、淡い緑の釉と比べて
落ち着いた高級感みたいなのが加わったような気がします107.png

f0014970_17192800.jpg
この菫色の釉薬は焼成時にかなり動くので、自然にでたグラデーションが美しい109.png



また大型台風がやって来る!
こう次々と多いと台風の合間に晴れといった感じ148.png
湿気を帯びた風が強くなってきたので、早く店閉めて帰ろう170.png
陶器も建物もみんなも無事でありますように!!138.png


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


# by soutouen | 2018-09-30 15:52 | 店長一号 | Comments(0)

新しく窯から出た作品、底擦りや検品が済んで徐々に店に出ております。
注文を頂いて焼いた品も準備出来次第、お客様にお知らせして発送したり受け取りにお越し頂いております。
(まだの方は急ピッチで進めておりますのでもう少々お待ち下さい…119.png)

今回の登り窯でも手洗い鉢を詰めておりましたが、
在庫が少なくなっていた口径35㎝前後程のサイズをいくつか焼きましたよ158.png
すべて表情も違って、いろいろです159.png


f0014970_11363964.jpg
【西山信義 焼締め+釉彩手洗い鉢】

珍しい段付きフォルムのこちらは
これまた当苑では珍しい釉薬の塗り別けによる彩色が内側に施されております。

f0014970_11370579.jpg
赤・水色・黄緑の釉薬を幾何学的に配置した模様は
和の手洗い鉢でありながら、現代の洗面所にもマッチするデザイン144.png



f0014970_11372741.jpg
【西山信義 松皮手手洗い鉢】

自然釉によるビーロドの景色がすごいこちらは・・・

f0014970_11413331.jpg
火袋で焼いたものです!147.png
左側の中段に詰めてあるのが現物です。
横の焚口の真ん前なのでよー焼けるとこです109.png

f0014970_11374277.jpg
内側は透明釉と自然釉が混ざってうまい具合にグラデーションがかかっております。
そして縁下に入っている松皮もワンポイントで良い感じです113.png



f0014970_11380068.jpg
【上田宗 灰被り手洗い鉢】

続いてこちらは“コゲ”味が迫力の存在感。

f0014970_11381489.jpg
内側までがっつり灰が146.png
シンプルな形ですが焼き味がじゅうぶんにすごいので115.png

手洗い鉢はどれも排水金具が付いた状態でお売りしております。
どれも一点もんですので窯から出た今がねらい目でーす101.png


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


# by soutouen | 2018-09-23 17:31 | 店長一号 | Comments(0)

窯出し風景


登り窯の窯出し、ほぼ終了致しました102.png

f0014970_10452324.jpg
これらは火袋から出てきたモノの一部。



f0014970_10454831.jpg
「大丈夫やろ」っていういつもの気楽なノリで焚口からの手前に湯呑やぐい呑などの小物を詰める事が多く、
そして毎度焚いてる時に薪が当たったり燠の圧力で倒れまくって窯詰め時の自分を呪う・・・
なんて事が繰り返されてきましたが141.png
今回は学習し少々薪が当たっても大丈夫なモノを前にして詰めたのであまり荒れずにすみました115.png


f0014970_10460661.jpg
今回の窯焚き時期はピークに比べると僅かばかり涼しくなったのでとても快適に薪くべ作業が出来ましたー♪
・・・なんて事はぜんぜんない136.png
炉内は千数百度ですから窯の近くにいるだけで汗が吹き出し、肌や目はヒリヒリ、やたらとノドは乾くし
おまけに最後の二部屋は焚口から炎が吹き出す始末でなかなかな過酷ぐあいでしたわ122.png



f0014970_10462469.jpg
当たり前ですが、こちらのしんどさと焼き上がりの良さは比例しませんが
おもしろい雰囲気のモノもたくさん焼けましたよ124.png



f0014970_10464310.jpg
出てきた品物はすぐに店に並ぶわけではございません。
出してから底を磨ったり、検品等という作業が待っております。
そしてその後、窯の補修・メンテナンスを焚く度に行います。
例えばこの火袋の天井、一部落ちてきておりますよね・・・
狛犬の頭につく寸前でストップしておりました119.png


f0014970_10465587.jpg
店に並ぶのはもう少し後ですが、現在は出てきた作品たちを窯場の方で一堂に見て頂けます!
売り切れになる前に、ぜひ~125.png


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


# by soutouen | 2018-09-10 17:04 | 店長一号 | Comments(0)

台風のため・・・


日曜日から登り窯の窯出し中です101.png
冷めて開けても大丈夫な部屋から順に出してますので窯出しは10日程まだ続きます。
下の部屋から冷めますので現在は「一の間」「二の間」と出して
毎日新しいのが出てきて一喜一憂の日々です113.png141.png



f0014970_10412079.jpg

本日は「三の間」の中がそろそろ見れるかなぁ~と思っておりましたが・・・
台風21号の接近の為、本日の営業を終了致します121.png
果報は寝て待て”って事で、ホントに寝る訳もなくこのブログを更新している次第です126.png

また、かなりの暴風がこれからやって来るようですので、
朝から苑内の戸締りや倒れそうな品物を下ろしたり倒しておいたりしております。
暴風圏内にお住まいの方で余裕があれば、お買い上げ頂いた狸等の屋外製品に対策をお願い致しますね~165.png


f0014970_10570254.jpg
最後に「二の間」に埋めた壷をチラ見せ159.png
形は無事に残ってますね♪
もう窯から出ておりますが、かなりの風になって参りましたので全貌はまたの機会に156.png

皆様、気をつけて台風をやり過ごして下さいね144.png

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------



# by soutouen | 2018-09-04 11:03 | 店長一号 | Comments(0)

登り窯の窯焚き中です!!109.png
予定では23日火入れのつもりでしたが・・・
昨日の台風により何かあってはいけないと、今朝からの火入れ。
窯詰めが押し迫ってようが、
作品が乾ききっていなくても、
予定の火入れ日を遅らした事は過去僕の記憶ではないのですが・・・
自然の力には逆らわないのが良いですね125.png

f0014970_13141950.jpg
火袋の窯詰めの様子。
焚口脇に耳付花入れが見えますね。
薪を当ててしまわないように気をつけよう117.png



f0014970_13143662.jpg
火袋右側。
今回はちゃんと素焼きしたの中心に詰めれましたよ。

明日25日(土)~28日(火)は窯焚き作業を御見学して頂けます101.png
たぶん普段見る事のないような炎の色が見れます。
造り手・焼き手の情熱の炎を文字通り肌で感じれます(笑)。
興味のある方はぜひ!!

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------



# by soutouen | 2018-08-24 15:00 | 店長一号 | Comments(0)

『二の間』の穴


お知らせが遅くなってしまいましたが・・・137.png
次の木曜、8月23日に登り窯に火が入ります!!101.png

f0014970_11171991.jpg
もう詰め終わって蓋がされていく間(部屋)が増えてきました。

昨日からけっこう涼しく、秋が始まってると感じるようになって参りました。
このまま窯焚き中もすごしやすくあってほしいものです。
(しがらきっ子は暑さに弱い…)



f0014970_11173917.jpg
いつもの「二の間」の穴。
前回2月の窯ではこの場所にトラディショナルな趣の紐造りの壷を詰めましたので
今回は同じ壷でも変わった形のモノをチョイス154.png

f0014970_11180435.jpg
穴のサイズギリギリなうえに肩がとても張った形なので・・・
この壁ギリギリぐあい153.png
前の壁と棚組みの隙間15㎝ほどを通して両側から薪をくべますので、
まあ、間違いなく、壷に割木は直撃しますわな。
でも素焼きもしてるし、少々の衝撃は大丈夫やろ!
根拠はないです。
勘ですが128.png


f0014970_11182175.jpg
火袋の窯詰めはまだこれから151.png
って言うか、まだ詰める物を最後の悪あがきで作ってたりします149.png


窯焚きの見ごろは8月25日(土)~28日(火)となっております。
(※窯焚きの期間は状況により前後する場合がございます)

お時間がございましたらお立ち寄りください。
皆様にお会い出来るのを炎の前で楽しみにお待ちしています158.png


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


# by soutouen | 2018-08-19 14:46 | 店長一号 | Comments(0)

夏におすすめの器


こんにちは。
ここらでも台風の影響か今日は涼しくすごしやすいです107.png
でもまだもう少し猛暑は続くようですね・・・105.png
信楽焼の陶器はやはり土の素材によるあたたかみが特徴ですので
あまりに暑い時期が続きすぎるとやはり店の売り上げにもひびいちゃいます143.png
とは言え夏場は皆さん庭等の手入れをされるからか、
食器類よりは植木鉢やメダカ鉢などの屋外品はこの時期によく出てる気がします165.png


さて、そんな時期ですが食器類の中でも夏場も変わらず人気の品々を今日はとりあげてみます174.png

f0014970_10201875.jpg
【服部津 深緑海鼠釉タタラマグ】

品物をお買い上げ頂いたお客様などに包んでいる間、お待たせする事になるので
お茶やコーヒーをお出しする事があるのですが、
夏はアイスコーヒーをこのマグでお出しすると喜んで頂く事が多いです♪

f0014970_10203333.jpg
同じ形で登り窯の火色と緑釉の組み合わせもあるのですが
夏には深く複雑な蒼の海鼠釉が気分ですね113.png



f0014970_10204952.jpg
【服部津 深緑海鼠釉小鉢】

同じ釉薬を使った小鉢も人気です。
マグは赤土、この小鉢は黒土と素地の土が違うので同じ深緑海鼠釉でも発色が異なります115.png



f0014970_10210537.jpg
【上田健次 瑠璃釉櫛目丸鉢】

そして同じ青系でも透明感があるこちらの浅鉢も涼しげ。
デザートなんかにおすすめです!124.png

f0014970_10211915.jpg
シンプルに入った櫛目が水の流れを連想させますね。
僕ならこの器でよーく冷えたあんみつが食べたい112.png



f0014970_10213207.jpg
【上田健次 焼締めビアマグ】

そして忘れてはならないのが夏の定番商品、ビアマグ!!
何年もこの形状で造り続けているロングセラー商品です。
リピートやプレゼントに使われる事も多いのですが、
登り窯での焼き上げ品ですので来るたびに違った焼き味のモノをお選び頂けます101.png

f0014970_10214582.jpg
無釉・焼締めのマグはビールを注ぐとこのようにとてもクリーミーな泡となります167.png
缶のままやガラスで飲むのとは味わいが違いまっせ!!

注)写真用に注いだビールはスタッフが残さず頂きました。
・・・と理由をつけて仕事中にビールをあおる僕の姿123.png

他にも土風鈴や蚊取り器など色々と夏にもおすすめしたい商品がいっぱいです。
ぜひ手に取り見てやって下さい158.png


↓商品に関するお問い合わせはこちらまで↓
soutouen@shigarakiyaki.co.jp

---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------



# by soutouen | 2018-08-09 17:41 | 店長一号 | Comments(0)

一日一壷


来月下旬のぼり窯に火が入ります。
その頃には暑さがやわらいでいる事を願うばかり107.png

その窯に向けて乾くのに時間がかかる大きなモノから製作中なのですが
大きめの壷を立て続けに数量をご注文頂いて(ありがたい!)
予備も含めるとけっこう期間的に乾燥が厳しいのでゆっくりもしていられません105.png
「一日一壷」を目標に(もちろん他の仕事と並行して)進めております166.png

f0014970_13420212.jpg
仕上がって形が歪まないくらいに乾くと風通しの良い部屋に移動。
立ててると底の方が乾きにくいので横に寝かせております。
こう毎日カンカン照りが続くと乾燥も怖いくらいに早い!174.png
「一日一壷」なので乾き具合で作った順番が分かりますね147.png


f0014970_13422958.jpg
これら大きな壷はロクロ成型の碗継ぎ技法で製作します。
次の注文製作にうつっているので先の横たわっているモノとは別のカタチ。
これら同時にひいたモノを翌日に継ぐと・・・



f0014970_13424500.jpg
こうなります156.png
前回焼いた甕形状のモノと似ていますが、
大小10数本ご依頼頂いてるこれらはすごく変わった使われ方をする予定です。
また焼き上がったら種明し含めてご紹介しますね~126.png



f0014970_13412854.jpg
蓮の花、去年は葉をたくさん鹿に食べられてしまいましたが
今年は今んとこ大丈夫112.png
毎日美しい花をたくさん咲かせてくれてます169.png


---------------------------------------
ランキングへのご協力お願いします040.gif
↓クリック!!↓

↑クリック!!↑
---------------------------------------


# by soutouen | 2018-07-16 16:43 | 店長一号 | Comments(0)